2006年08月23日

以前、群馬県のイベントの時に、美術・博物館で夏休みの特別展示などのイベントが行われていますと紹介しましたが、また行ってきました。
今回は、県立館林美術館です。

県立館林美術館
 w_P1000318

ここは、すごく綺麗な建物です。
現在は、「昭和の記憶 -写真に甦る人々の情景-」という、戦後の日本を代表する写真家の作品展示が行われています。

館林美術館のパンフレット
 w_p1000324

この日は、とても暑かったのですが、さすがに美術館の中はひんやりとして、ものすごく静かで綺麗でした。

展示内容に関して、私は、正直に言ってあまりなじみがありませんが、展示作品の中で、田村彰英さんの12点組の道が造られていく状況を数年間にわたり定点で撮った作品がすごく印象深く残りました。
はじめは、山肌を削っているところから、最後は道(高速道路みたいでした)になるまでが12枚の写真として作品に仕上げられていました。

前回も書きましたが、たまの芸術鑑賞もいいですね。

おまけですが、帰る前に、美術館にあるお店でコーヒーを飲みました。

IL CORNETTO の入り口近くの看板
 w_P1000322

それと、私は食べませんでしたが、家内と下の子がケーキセットを頼みました。
ケーキセットは、ガトーショコラかオレンジショコラのケーキに飲み物が付いて600円です。
「このケーキは美味しいよ。」といって満足そうでした。

ケーキ単品250円、ケーキセット600円
家内が食べた方のガトーショコラ
 w_P1000319

下の子が食べた方のガトーショコラ
 w_P1000320

ソースで書かれた絵が違っていまして、結構凝っているなと思いました。
これが、単品で250円であればとっても安いですね。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索