2006年08月24日

館林の県立美術館へ行く途中で立ち寄りました。

ここは、館林市西高根町の国道122号沿いにあります

昨日、そばを食べに行って、行く先々でお休みだったこともあり、家内が今日はそばにしよう言いましたのでそば屋を探していました。
最初に入ろうとしたお店がお休みでしたので、たまたま営業中のこのそば屋に入りました。
(お盆の時期は休業中が多くて苦労します。)
店構えからして、地域密着タイプのそば屋かなと思いましたが、入ってみるとまさにその通りで、出前がメインのそば屋さんでした。
店内には数人いましたが、近所の人らしく、テレビで放送されていた甲子園の高校野球を見ていました。

さて、注文ですが、私は大もりそば、家内と上の子が鴨汁そば、下の子はもりうどんです。

出てきたそばは、量は普通より若干多めながら、そば粉の割合が低いと思われる、うどんにそば粉を混ぜたような感じでして、しかも腰がありません。
そばつゆは、だしが利いていて、やや辛めのつゆで普通です。つゆがそこそこなだけにそばの悪さが気になります。

家内が注文した鴨汁のつゆを味見しましたが、鴨の甘みは感じられますが、今ひとつ決め手に欠けるようなインパクトの弱いつゆでした。
このつゆは、家内曰わく、「すぐにそばで薄まってしまってあまり美味しくない」とのこと。

あと、子供が頼んだうどんも味見しましたが、うどんは腰があり、のどごしも良く、ここでは、うどんの方がいいです。

お店外観
 w_P1000317

大もりそば:540円
 w_P1000316

もりうどん:430円
 w_P1000315



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索