2006年09月22日

先週になりますが、何年かぶりでおじゃましました。
ここは、安中市大竹のJR信越線の線路脇にあるおそば屋さんです。
結構常連さんがいるようで、いつ行ってもそこそこ人が入っています。

さて、注文は、おきまりの大もりです。
そばは、よく食堂とかで利用されているプラスチックのせいろに盛られています。

味の方は、そばの風味が弱く、そば粉の比率が低めのようです。また、あまり腰も強くありません。
そばつゆは、やや濃いめの甘めのつゆですので、食べているとちょっとくどい感じになります。

ブログをごらんの方はお解りかと思いますが、私は、甘めのつゆは、あまり好きではないです。
「じゃ、分かってて何で行くんだ」という指摘もあるかと思いますが、それは、この地区(安中市周辺)を一通り紹介するという使命感みたいなものが私を駆り立てていると思ってください。(笑)
ということですので、たびたび、私の好みでないお店も再訪しています。

お店外観
 w_P1000466

大もりそば:650円
 w_P1000464



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索