2007年02月07日

この日は、昨年の春過ぎから休業している、下仁田のお蕎麦屋さんの営業を確認しに行って、営業していればそこで食べるつもりでしたが、行ってみるとお店を閉められたようで、店先に有ったのぼりなどがなくなっていました。
我が家のお気に入りのお蕎麦屋さんだっただけにすごく残念です。

仕方がないので、富岡へ車を走らせて、久しぶりにこちらを訪問しました。
入店して、席に着くと店員さんがお冷やとメニューを出してくれます。
メニューを眺めて、ランチメニューが有ったので、Aランチを酢豚で注文しました。
Aランチは、料理を八宝菜・エビチリ・酢豚・肉うまに・鶏の唐揚げ・チンジャオロース・回鍋肉・野菜炒めの8品から1つと、ライス、スープ、副菜、お新香、飲み物が付いたランチメニューとなっています。

しばらく待った後、ランチが出ました。
お盆の関係か、中央にライス、左側にメイン、右側にスープの配置となっており、ちょっとこの配置では食べにくいですね。
やっぱり日本人だと、真ん中メインで、左はご飯、右側は汁物ではないでしょうか。
まー、それは置いておいて、味の方はといいますと、メインの酢豚は、しっかりとした味付けなのですが、ちょっと味付けが濃いです。
メリハリのある甘辛味ですが、かなり濃い味付けですので、1,2口は良いのですが、後は、ご飯がないとちょっとつらいですね。
野菜類はしゃっきりとしていてとても良いのですが、もう少し、控えめな味付けの方が好みです。
また、スープですが、あっさりした薄味のスープなのですが、少し獣臭さを感じました。

以前食べた五目焼きそばの時は、結構美味しかったので、この日だけか、もしくは酢豚だけかもしれませんね。
(次回は、別の物で確認したいですね。)

まーでも、ボリュームもあり、これで820円ですから、安くて良いです。

Aランチ(酢豚):820円
 w_P1000122

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101025.html



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索