2007年02月11日

昨日から1泊で南房総に行ってきました。
しかしながら、初日の昨日は、群馬からの移動だけで終わってしまいました。
宿泊先は富浦だったのですが、距離にしてたかだか300Km位なのに、時間にして6時間以上掛かりました。
(しかも、ほとんどが高速でですよ!)
6時間あれば大阪まで行けてしまいますが、首都高と京葉道及び、君津から富津までの国道でそれぞれ渋滞にはまり、朝9時前に自宅を出発して、午後4時前(途中休憩がありますけど)まで掛かってしまいました。
初日は、途中で昼食を取っただけですので、記事は2日目(本日)のものです。
(初日の昼食の記事は別途書きます。)

ホテルを、朝9時過ぎに出て、まずは、房総フラワーラインを走ることにしました。
このルートは、館山から千倉までの海沿いのルートで、この時期、すでに菜の花が咲いています。
(道の両側に菜の花が植えられています。)

菜の花(車から撮影)
 w_P1000168

途中、海の駅(名前を失念)により、海を眺めてしばし休憩です。

太平洋
 w_P1000166

その後も、フラワーラインを走ります。
この通り沿いには、花摘み農家がかなりありまして、至る所で花摘みの看板が出ています。
しかも、結構にぎわっています。
私たちも、車を留め、しばしお花を観賞しました。

ある畑の様子
 w_P1000167

花を見た後は、鴨川シーワールドです。

鴨川シーワールド。
 w_P1000031

さすがに、ここも駐車場に入るために渋滞でした。
駐車するため、20分以上掛かりました。
シーワールドに入ったのですが、中も人だらけで、ここの売りである、イルカやシャチのショーもちょっと遅れると見えない状態でした。
しかも、子供と家内が「待つのはいや」とわがままを言ったため、私は半分切れて、「じゃ、もう帰ろう!!!」とショーは何も見ずに帰路につきました。
でも、ここの水族館はショー以外は貧相な感じで、水槽などの展示が少なく、なんだこんな程度かと思いました。
すごく混雑していましたが、冷静に見ると、「たいしたことないな~」というのが感想です。

帰りは、来るときほど渋滞しませんでしたが、やはり首都高は渋滞でした。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索