2007年07月08日

10ヶ月ぶりに訪問しました。
ここではまだ暖かい蕎麦を食べたことがありませんでしたので、今回は、かけを注文です。
それと、かき揚げもお願いしました。
ここでは、前回も書きましたが、蕎麦は、平打ちか細打ちが選べますが、今回もまた平打ちにしました。

まずは、かき揚げが出ました。
玉葱、人参、カボチャ、ピーマンなどが入った野菜のかき揚げが2枚と塩です。
ここでは、天つゆではなく、塩で食べるようです。
味の方はといますと、やや油っぽい感じですが、さっくりと揚げられていてなかなか良いのです。

その後、程なくして、かけ蕎麦が到着。
まずは、つゆを一口。
出汁の風味が良く利いていてなかなか良いのですが、ちょっとつゆがぬるめで、私としてはもうちょっと熱めの方が好きです。
蕎麦は、平打ち麺ですのでピロピロ感じで食感が良いですが、腰がありません。
やはり、暖かい蕎麦の場合は、田舎風の太打ちの方が合うようです。

ここでは、初めて暖かい蕎麦を食べましたが、上品な感じの蕎麦は、やはり「もり」の方が良いようです。

かけ:500円
 w_P1000413

かき揚げ:200円
 w_P1000411

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101054.html



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 鶴喜そば  [ 徒然なるままに・・・・・建築士 第2章 ]   2007年07月13日 08:25
坂本にある本家 鶴喜そばでそばを打っていた人が独立した店だそうです。 今日案内...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索