2008年06月29日

かなり久しぶりに訪問してみました。
安中に引っ越す前は、群馬町金古(現在は高崎市金古町ですが)に住んでいまして、このときには結構お邪魔していたのですが、さすがに引っ越してからはご無沙汰していました。
最後に来てから、かれこれ14,5年は経ちますね。

場所は、高崎市足門町(旧群馬町足門)の高渋線沿いにあります。
高渋線沿いには、お店の看板が有って分かりやすいですが、お店の入り口は知っていないと、ちょっと分かりづらいですね~(笑)。
以前は、もっと竹が少なかったのですが、しばらくぶりに来てみると、お店の入り口に向かうアプローチが狭くなっていました(笑)。

11時半くらいと、ちょっと早い時間で、先客無しと空いていましたので、小上がりのちょっと広い席に着きました。
メニューを見ると、だいたいは以前と同じメニューでしたが、ちょっと値段が上がっているようでした。
(まっ、10数年ぶりですから仕方ないですね)

いつものせいろそばを大盛で注文です。

蕎麦ですが、以前はもうちょっと細切りにされていた記憶が有るのですが、ちょっと太めで、しかも短い蕎麦が多くてちょっと啜り難かったです。
蕎麦の風味もちょっと弱めで、腰はモッチリとした感じになっていました。
つゆは、やや濃いめですが、ちょっと甘め(たぶん味醂だと思います)で、これも以前はもうちょっと辛口だったような気がします。
「あれー、ここは、こんな蕎麦だったかな~?以前は、もうちょっと上品な感じで、カッチリとした腰のような気がしたのだが」と思いつつも、あっという間に食べてしまいました。

ちょっと記憶が曖昧なのですが、「蕎麦が以前と変わったな~」という感じですね。

しかしながら、これはこれでなかなか美味しかったです。
しかも、ボリュームも有りますのでCP的には良いです。

お店外観:(アプローチ。奥が入り口)
w_P1000514

w_P1000515
 
せいろ(大盛):600+100円
 w_P1000522



トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by Shimora   2008年06月30日 20:32
monikaさん。
昔は、もっと竹が少なかったのですが、久しぶりに行ってみるとこうなってました(笑)。
1. Posted by monika   2008年06月29日 22:30
なんとも
風流なお店の外観ですね
一種の隠れ家[E:sign02]
おそばの入れ物にも凝ってますネ
美味しそう[E:delicious]

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索