2009年04月21日

今回は、東直己さんの義八郎商店街を紹介。

東直己著「義八郎商店街」(双葉文庫)
 w_P1000248

東さんといえば、ススキノ探偵シリーズなどのハードボイルドものが代表的ですが、これはちょっと異色な感じです。
設定はどちらかというとSF的になっていますね。

「義八郎商店街」がその舞台となるのだが、この商店街は、武闘派の老人たちが住んでいて、他の人には頼らずに自分たちで自衛している。

初めのうちは、一見普通の商店街での出来事なのだが、これが実は・・・ってこれ以上は書かない方が良いかな~(笑)。

東さんらしくない感じの物語だな~と思ったが、なかなか楽しく読めました。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索