2009年08月28日

高崎の書店に行った帰りに、下小鳥店に寄りました。

食券機の前に立つと、8月の下小鳥店限定の「元祖・ふじつけ麺」というメニューが目に留まりましたのでふじつけ麺をチョイス。
お金を入れて、食券のボタンをポチッとなと押しますと、いきなり「ピーーーーーーーーーーー」とエラー音が。
「おっと、なんじゃこりゃ?」と思い、カウンター内の店員さんを見ると、「ちょっと待ってください」と慌てて出てきてくれました。
マスターキーで食券機を開けて、中を確認していましたが、どうも食券が詰まったようでして、その場で店員さんに「ふじつけ麺と男盛です」と購入予定の物を告げて食券とお釣りを貰いました。
機械ですので、たまにはこんなことも起こりますわな(笑)。

さて、「元祖・ふじつけ麺」ですが、背脂ゴロゴロで、見た感じは以前沖町店で食べた「角ふじつけ麺」に似ていますね。
ただ、こちらは沖町のものに比べてトッピングが見劣りしまして、「これは、チャーシューがつかないのかな~」と沖町では付いていたチャーシューが有りません。
スープは、やや甘さが強いものの、沖の「角ふじつけ麺」に比べて、醤油が利いた、ややサラリとしたスープになっていまして、魚介の風味は弱めです。
「こちらの方が、ややあっさりに感じるな~」という感じでしたが、これもなかなか良かったですね。

しかし、帰りに再度食券機のところのメニューの写真を見ると、トッピングにチャーシューが1枚見えまして、「欠片みたいな物は有ったけど、スープには入ってなかったよな~。」と思いつつお店を出ました。
やはり忘れたのだろうな~(苦笑)。

元祖・ふじつけ麺(男盛) : 700+150円
 w_P1000665
お店情報
住所 : 群馬県高崎市下小鳥町67-5
定休日 : 不定休

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101757.html



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索