2009年12月12日

高崎の書店に行く途中に(いつものパターンだと大谷さんですが)、蕎麦の気分でしたので、10ヶ月ぶりに訪問してみました。

入ってみると、お昼時にも関わらず、先客無し。
「前回も、先客無しだったような気がするけど、こんなのでお店は大丈夫?」と思いつつ小上がり席に座ります。

「さーて、今回は何にするかな~」と考えながら、ざっとメニューを眺めて注文したのは、生粉打ち十割そばと、ランチ時は100円になる、かき揚げ丼(ミニ丼)。
このミニ丼、他の物は400円なのですが、かき揚げ丼のみランチ時は100円です。

蕎麦は、風味の方は良かったのですが、冷水での〆が弱いのか、やや柔腰。
それと、つゆは、ちょっと醤油の尖った感じがありまして、しかも出汁が弱め。
「今日の蕎麦は、ちょっと・・・」(苦笑)

かき揚げ丼は、丼つゆが珍しいタイプで、とろみがつけてありまして、「以前と変えたのかな~、前に食べた時は普通の丼つゆだったような気がするのだけど」と、何とも微妙な感じでした。

ボリュームと価格はなかなかのものなのですが、今回は・・・。
まー、たまにはこんな時もあるか。

生粉打ち十割そば : 650円
 w_P1010146

かき揚げ丼(ミニ丼) : 100円(ランチ時のみ)
 w_P1010149

お店情報
住所 : 群馬県高崎市下小鳥町89-1
定休日 : 月曜日,木曜日の夜

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101659.html



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索