2010年04月25日

高崎の書店に行く途中と、いつものパターンでの訪問です(笑)。

この日は、つけ麺をと思い、魚つけと豚つけのどちらにしようかと迷ったのですが、「魚つけは、前のと同じかもな~。今回は豚つけにしよう。」ということで、豚つけの大盛をチョイス。
それと、当然のごとく、こぶたごはんも(笑)。

豚つけですが、豚骨スープのつけ汁に赤豚(ピリ辛の肉味噌)が付いていまして、「スープに入れてお召し上がり下さい」とのことでした。
まーでも、まずは、この肉味噌を入れる前に、そのままのつけ汁で味見ですよ~。
このつけ汁は、油が多めの濃厚な豚骨スープなのですが、これだけだと、ちょっと味にメリハリがなくて、ちょっとぼけた感じがしますね。
2,3口食べた後で、肉味噌を溶いてみると、ピリ辛の肉味噌が入ることにより、味が締まって、パンチのある味に変化しました。
「これは、良いんじゃないの~」と、まずまずの美味しさでした。

しかし、さすがに大盛(400g)にこぶたごはんだと、かなり満腹で、ちょっと食べ過ぎかな(笑)。

さ~て、次回は最後の未食の魚つけだな。

豚つけ(大盛) : 850円
 w_P1000257

こぶたごはん : 100円
 w_P1000254

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市筑縄町67-1
定休日 : 無し

前回の記事 :
http://shimora.blog.jp/archives/1004102043.html




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索