2011年01月26日

今回の読書ネタは、西澤さんのミステリー。
西澤さんの作品は、過去に何度か紹介していますが、それでも1年振りくらいになりますね。

まずは、上下巻組で合わせると1,000ページ近い長編

西澤保彦 著「収穫祭 (上),(下)」(幻冬舎文庫)
 w_P1000007

とある過疎の村で、大量殺人が発生。被害者は14人
そのうち、11人が鎌で首をかききられた状態。生き残ったのは、中学生3人と教師1人。
当時の警察の捜査は、事故死した外国人が犯人と断定したのだが、数年後また猟奇殺人が発生し始める。

とまあ、こんな感じの流れでして、生き残った当時の中学生3人のその後を描きつつ、事件の真相にといった感じです。
かなりの長編でしたが、読み出すと止まらない感じでして、一気に読んでしまいました。

お次も、無差別殺人のミステリー。

西澤保彦 著「聯愁殺」(中公文庫)
 w_P1000012

4年前の大量無差別殺人の唯一の生存者を囲んで、その事件の推理を行う会合が行われる。
担当の刑事も同席してはいるが、直接捜査には関係のない、ミステリー作家や元刑事といった面々が、出ている証拠や状況だけで、犯人やその居場所、動機などの推理を繰り広げる。
その会合の終わった後、同席していた刑事は・・・。

と、ここまでにして、これは、半分は安楽椅子探偵物といった感じになっています。

しかし、前述の「収穫祭」でも感じましたが、少々ロジックに懲りすぎるのか、ちょっと警察の捜査を低く設定しているような気がしますね。

 



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索