2011年07月21日

前回の読書ネタの時に、6月の読了が1冊のみと書きましたが、7月に入り、4冊読了とようやく読書ペースが戻ってきました。

今回は、その中から乃南さんの1冊を紹介。
乃南さんの作品は、以前、何度か紹介していますので、お馴染みになりつつありますね。

乃南アサ,園田寿 著 「犯意」 (新潮文庫)
 w_P1000427

この作品は、乃南さんの短編小説に、弁護士の園田さんがその犯罪についての法解説が付く、ちょっと変わった感じの作品となっています。
小説で起きた犯罪は、どのような法律(刑法ですが)で、どういった刑罰が適用される可能性があるとかの解説がなかなか興味深いですね。

と、まーいつものようにこの程度にして、後は、興味があればご自身でお読みください。
なかなか面白いと思いますよ。

 



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター(UU)

    記事検索