2007年04月

2007年04月15日

たまには、ちょっと雰囲気の違う記事で。

今回は、ほっかほっか亭の弁当です。
この日は、家内からお昼にお弁当を買ってきてと頼まれましたので、ほっかほっか亭に買いに行ってきました。
家内はシャケ弁当、子供たちはチーズハンバーグ弁当で、私は、得弁当にしました。
得弁当は、焼肉、唐揚げ、メンチカツが少しずつ乗ったちょっと得した気分になる弁当です(笑)。

味は、どこも同じで、標準的なものですが温かさと安さが良いですよね。

得弁当:390円
 w_P1000257



2007年04月14日

最近開店したばかりの、高崎で2軒目の大黒屋本舗に行ってきました。
場所は、高崎市沖町で町屋橋近くの家具屋さんの駐車場内テナントにあります。

この日は、2時を過ぎていましたので、さほど混雑しておらずすんなり入店出来ました。
(実は、この前の週に来たのですが、そのときは待っている人が多くてあきらめました。)

ここも食券制ですので、食券機の前でさんさん悩んだ末に、激辛の文字に惹かれて火山麺をチョイス。
店員さんに、食券を渡して席に着きます。
テーブルにはメニューが置いてありましたので、メニューを眺めつつラーメンの到着を待ちます。

しばらく待った後に、火山麺が到着。
火山麺は、ふじ麺に激辛ミソを乗せたもので、運んでくれた店員さんは、「すごく辛いので、少しずつ味をみながら混ぜて下さい。」と食べるときの注意をしてくれました。

スープがほとんど見えないので、下小鳥店のふじ麺と比べると、こちらの方が野菜の盛りが多い気がします。

さて、どの程度の辛さなのかを確かめるべく、辛味噌だけをちょっとつまんでなめてみました。
辛い物好きの私でも「おー、これは激辛と言うだけある」と思うくらい辛いです。
そして、野菜を辛味噌を付けながら食べ始めます。

野菜をある程度減らした後は、激辛ミソをすべてスープに混ぜて食べることにしました。
「やはり、激辛はこのくらいでないと」と思いながら極太のガシガシタイプの麺をほおばりました。

なかなか、火山麺も良かったですね~。
私の自宅からは、沖町店の方が近いので、ちょくちょく足を運ぶことになりそうです。

お店外観:
 w_P1000251

火山麺(200g):800円
 w_P1000256



2007年04月11日

ハイランドパークです。
このモルトは、評論家の評価も良く、オールラウンダーな食後酒と言わしめるお酒です。

蒸留所は、オークニー諸島のメインランドのカークウォーク外れにあるそうで、世界で最も北にある蒸留所だそうです。

香りは、アルコール臭は無く、かなりドライな感じです。
味は、ややスモーキーでドライ、まろやかさもあります。
余韻は、結構長めです。

突出した個性は無いですが、評論家のオールラウンダーという表現は、さすがに的を射ていると思います。

 w_P1000248w_P1000249w_P1000250 



2007年04月08日

数年ぶりにおじゃましました。
ここは、安中市簗瀬の国道18号沿いにあるお蕎麦屋さんです。

1時過ぎでしたので比較空いており、小上がりに席を取り、メニューを眺め、小カツ丼セットをざるそばで注文です。
あまり待たずにお蕎麦が到着です。
小カツ丼セットは、そばと小カツ丼の他にサラダ、お新香が付きます。

まずは、そばから食べ始めます。
そばは、気持ち幅広に切られていて、腰のしっかりしたそばです。
そば自体は標準的な手打ちと言ったところですね。
そばつゆは、出汁の利いたやや薄めのつゆで、私としては、もう少し濃いめのつゆの方が合う気がします。

小カツ丼は、濃いめの甘辛の丼ツユで、こっちはもう少し薄めの方が好みです。

ここは、色々メニューが豊富で、まだ食べたことはありませんが、ラーメンもあります。
しかし、ざるが680円、たぬきが730円ですので、ちょっと高めの値段設定かな~。

お店外観:
 w_P1000241

小カツ丼セット(ざるそば):1,050円
 w_P1000245



2007年04月07日

はじめて、中華を食べに来ました。
午後1時半過ぎの入店にもかかわらず、ほぼ満席でした。相変わらず、このお店は混み合っていますね。
一人でしたので、カウンターに案内されました。

中華の定食を食べるつもりでしたので、ホイコーロー定食を注文。
程なくして、ホイコーロー定食が出されました。
定食には、ライスとスープとお新香が付きます。

さて、ホイコーローですが、かなり濃厚な甜麺醤の味がしまして、濃いめの味付けですが辛さはありません。
しゃっきりとしたキャベツと豚肉の相性も良くなかなか良いです。
ただ、油がすごくて、最後には油の中をキャベツや豚肉が泳いでいるような感じになりますので、なるべくお皿の端に寄せて、油を切りながら食べました(笑)。

しかし、ここは、安くてCPはとっても良いですね。

ホイコーロー定食:780円
 w_P1000240

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101106.html



2007年04月04日

グレンドロナックです。

このモルトは、ティーチャーズのモルト原酒です。
シェリー樽熟成ですので、色がやや赤っぽいマホガニー色です。

香りは、スイートでシェリー香です。
味は、ややシェリーで甘めですが、マッカラン程ではありません。
余韻は、すっときれる様な感じです。

同じ、シェリー樽熟成のマッカランほど甘さを感じませんが、すっきりとしている感じのモルトです。

 w_P1000233w_P1000234 



2007年04月01日

このお店には、すごく久しぶりにやって来ました。実に、約15年ぶりです。
場所は、高崎市神戸町(旧榛名町の神戸)にあり、パチンコ店近くです。
午後1時過ぎの入店で、先客は3,4組といったところでした。

カウンター席に案内され、渡されたメニューを眺めますと、以前とはかなりメニューが変わっています。
(15年ぶりだから当然か)
以前は、お昼は(と言ってもお昼にしか来たことがないですが)ラーメンというより、中華定食がメインだったと思ったのですが、メニューは、ラーメンがメインで、中華の定食が少なくなったみたいです。

中華の定食を食べるつもりでしたが、あまりメニューがないので、辛口という文字に惹かれたスタミナラーメンを注文しました。
「人の入りがほどほどの割には、ちょっと回転が良くないな~」などと思いながら、TV見ながら待っていますと、注文から約30分ほどしてからようやくスタミナラーメンが到着です。

で、出されたラーメンを見てちょっとびっくり。
スタミナラーメンとは、「モツ」でした。
私は、モツを食べられないので、「しまった、大失敗」と声には出さなかったですが、かなり凹んでしまいました。

仕方なしに、モツを避けながら食べ始めます。
スープは、辛めの餡が掛かっていましたので、スープ自体の味は分かりませんでしたが、辛口の餡は、なかなかいけます。
麺も、やや縮れの太麺で、硬めに茹でられていて、しかも弾力のある麺です。

普通に美味しいだけに、メニューの選択ミスを後悔しました。
まー、自分のミスですの仕方ないですね。

お店外観:
 w_P1000238

スタミナラーメン:787円
 w_P1000237



アクセスカウンター(UU)

    記事検索