2007年05月

2007年05月09日

久しぶりに購入しました。
しかも、カスクで度数は55度あります。

ここの蒸留所の発音は、カリラもしくはカリーラとするそうです。
ここのモルトはほとんどブレンド用に出荷されるそうですが、最近ではシングルモルトでも出荷されるようになったようです。

色は、薄めのゴールドで、香りは、かなりスモーキーでヨードぽいです。
味は、かなりドライです。
しかもモーキーでピーティーですが、そのな中にも、ややビターチョコの様な感じもあります。
フィニッシュは、スモーキーでピーティーです。

 w_P1000304w_P1000305



2007年05月06日

昨年末に来て以来の訪問になります。

この日は、午後1時過ぎでしたので、比較的空いていました。 注文は、青椒牛肉糸定食です。

注文してから、ほとんど待ち時間が無く定食が出ました。

青椒牛肉糸は、そんなに濃くはない味付けでなかなかでしたが、やはり中華ですので油がすごかったです。
食べ進むと、お皿にはかなりの油があり、油を切りつつご飯と一緒に食べました。
スープは、トマトの酸味の利いたあっさりの塩味で、口の中の油を淡い流してくれまして、なかなか良かったです。

青椒牛肉糸定食定食:820円
 w_P1000302

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101142.html



2007年05月05日

中華の定食を食べようと思い、中華店に行ってみたのですが、満車で留められませんでしたので、こちらに来ました。
前回は、レバニラ炒めだったので、別のものをと思い野菜炒め定食にしました。

野菜炒めは、塩、こしょうの味付けで、野菜がしゃっきりとしていてご飯が進みます。
前回も書きましたが、中華料理店のような味付けでは無いのですが、なかなか手軽に食べられて良いですね~。

野菜炒め定食:600+200円
 w_P1000300

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101185.html



2007年05月04日

このおそば屋さんに来るのは、数年ぶりです。
(実は、今年の初めに来たのですが、あいにくのお休みでした。)
場所は、高崎市倉渕町権田(旧倉渕村権田)の国道406号沿いにあります。

この日は、11時半とかなり早い時間でしたので、店内には先客が2組と比較的空いていました。
ここは、お茶などはセルフサービスですが、席に着くと、おばあちゃんがお茶とちょっとしたお茶うけを出してくれました。

注文は、いつものもりそば大盛です(笑)。
注文して、あまり待つことなくそばが到着。

そばは、多少太さにばらつきのある、いかにも田舎の手打ちそばといった感じです。
そばの風味がやや弱いものの、腰がしっかりとしていましてなかなか良いです。
しかし、この日は、そばの水切りが悪くて、ちょっと水っぽい感じでした。
そばつゆは、だしの利いたすっきりとした感じで、私好みです。

ここは、おばあちゃんの接客が良くて、落ち着ける感じが良いですね~。

お店外観:
 w_P1000291

もりそば(大盛):600+200円
 w_P1000293



2007年05月03日

ここは、神田駅西口そばにあります。
本当は、別のラーメン店に入ろうとしたのですが、そこには店外に2,3人並んでいましたので、やめてこちらにしました。
(私は、並んでまでラーメンを食べたいと思いませんので(笑))

入口の食券機で、醤油ラーメンとトッピングのもやしの食券を購入してカウンターに着席しました。

店内は、午後2時近くなのに、8割位の人の入りで、結構繁盛していました。
店内には、芸能人などの色紙が貼られていまして、私が座った目の前には、ラモスさんの色紙がありました。

さて、ラーメンですが、見た目は、ラーメン二郎のようなジャンク度の高いこってり濃厚なものみたいです。
スープを味わうと、見た目ほどこってり濃厚な感じでは無く、背脂びっしりの割にはあっさりした感じの醤油ラーメンです。
「お、見た目とはだいぶ感じが違うな~」と思いながら、しゃっきりとしたもやしを食べつつ、麺に到達です。
麺は、硬めのゆで加減でやや縮れの中細麺です。
普通な感じの麺ですが、スープに合っていると思えます。

しかし、バイトと思える店員は、終始店員同士でおしゃべりしてましたので、もうちょっとどうにかした方が良いですね。

お店外観:
 w_P1000289

醤油ラーメン+もやし:600+100円
 w_P1000288



2007年05月02日

このお酒は、シングルモルトとして登場したのは、1977年と比較的新しいのですが、現在では世界40カ国以上で飲まれれているそうです。

このモルトは、J&Bのメインの原酒になっています。

色は、琥珀色で、香りは、屋やアルコール臭があるものの、複雑な感じで、屋やバニラっぽい香りです。
味は、ピーティーな感じの中にチョコレートの様な甘さもあります。
フィニッシュは、長めで樽の良い香りが残るような感じです。

 w_P1000295w_P1000296



アクセスカウンター(UU)

    記事検索