2007年06月

2007年06月13日

久しぶりのコニャックです。
前回のコニャックはポールジローでしたが、今回はヘネシーです。
しかし、一番安価なプリビレッジにしました
(他のは高くて)

ヘネシーはルイヴィトンなどのMHLVグループだそうで、世界で一番売れているそうです。

ややシナモンのような香りと樽の香りがあります。
ブランデーらしい、まろやかな味で、アルコールの嫌な感じはありません。

ヘネシーは数年ぶりに飲みますが、久しぶりのためなかなか良かったですね。

 w_P1000383w_P1000384



2007年06月10日

3週間ほど前に来たばかりでしたが、カレーそばが食べたくなりましたので、近くのこちらにおじゃましました。

この日は、テーブル席が満席で、座敷の方に通されました。
カレーそばと決めていましたので、辛口カレー南そばを注文です。
ここは、カレーそばは、普通と辛口の2種類があります。

さほど待たずにカレーそばが到着です。
カレーつゆは、とろみがかなり付けてありまして、しかも熱々ですので、猫舌の方はよく冷ましてから食べないと火傷します。
かくいう私も、口の中を火傷してしまいました。
カレーは辛口とは言っても、大辛ではなく、やや辛程度です。

しかし、とろみがすごいのと、量が多いのとで、さすがの私も後半はちょっと苦しかったです。
(しかも、そばはのびてしまうし。)

もうしばらくは、カレーそばはいいやと思ってしまいました(笑)。

辛口カレー南そば:630円
 w_P1000359

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101222.html



2007年06月09日

ようやく訪問しました。
前々から一度来たかったのですが、駐車が無いということなので、なかなか来られなかったお店です。
場所は、高崎市八島町で、JR高崎駅西口から徒歩2分程度、高島屋近くです。

開店間もない、11時半過ぎの入店でしたが、店内にはすでに5,6人のお客さんが居ました。
席に座り、つけ麺の大を注文です。

待っている間、厨房を見ていますと、つけ麺のスープは、小鍋で1杯ずつ暖めていました。

さて、つけ麺ですが、まずはスープだけを味見してみると、魚介の味と香りがガツンと来てなかなか美味しいです。
麺は、太縮れ麺で、しっかりとした腰があり良いですね~。
大でしたが、あっという間に完食してしまいました。

次回は、らーめんを試してみたいですね。
(しかし、次回は何時になるのだろうか?(笑))

お店外観:
 w_P1000358

つけ麺(大):700円
 w_P1000357



2007年06月08日

初めての訪問になります。
以前から、気になっていたお店ですが、昼時はいつも混み合っているのでなかなか足が向かなかったお店です。
場所は、高崎市沖町で、町屋橋近くに有ります。お向かいは家具屋さんで、最近開店した、大黒屋本舗 沖町店近くです。

この日は、1時過ぎの入店で、ちょうどお客の谷間だったようで、すんなりとは入れましたが、私が入った後は、立て続けに来店される方がいて、瞬く間にほぼ満席になっていました。

さて、注文ですがメニューからおすすめとなっているペスカトーレをMサイズで注文しました。
注文の際、「2人前になりますが、大丈夫ですか?」と聞かれましたが、「大丈夫です」と答えました。
Mサイズは結構な量だと聞いていましたが、どの程度か試したくなりました。

程なくして、ペスカトーレのMサイズが出されました。
Mサイズは直径30cm以上はあるお皿に盛って出されましたが、量的には思っていたよりは少なそうです。
(と言っても、かなり量は有ります。)
この量だと、安中の某店のLサイズとほぼ同じくらいの量です。

さて、味の方ですが、ソースはトマトの酸味が利いた結構さっぱりした感じのソースで、ツナの甘みが感じられます。
想像したよりあっさりした感じで、なかなか良い感じです。
パスタは、やや細めで、ゆで加減はやや柔らかめ。
これはもう少し硬めの方が私好みです。

味は、標準的でしたがボリュームは十分ですので、人気が有るのが理解できます。
今回は、トマトソーズでしたが、次回は別のものを試したいですね。

お店外観:
 w_P1000344

ペスカトーレ(M):930円
 w_P1000351



2007年06月06日

グレンタレットです。
これは、オフィシャルボトルではなく、ボトリング業者のボトルです。

グレンタレット蒸留所は、スコットランド最古を主張する蒸留所で、1717年にはウイスキーを作っていたという記録が残っているそうです。

色は、ゴールドで香りは、バニラのような甘めの香りがします。
味は、ややオイリーさを感じますが、ハイランドモルトらしい甘さもあります。
フィニッシュは、スムースでほのかな甘さが残るようです。

ストレートでも、口当たりがすごく良いモルトですね。

 w_P1000366w_P1000367 



2007年06月03日

この日は、久しぶりにパスタを食べようかなと思い、安中の某店に向かったのですが、駐車場があいにくの満車で入れず、仕方なしにこちらに来ました。
ここも、かなりの人の入りでしたが、1台分だけ駐車場が空いていて、すかさず留めました。

カウンターに着き、少々暑い日と言うこともあって、まだ未食のつけ麺を大で注文。

出てきたつけ麺は、彩りの緑として、レタスとパセリが盛りつけられていて見た目はちょっと綺麗です。
具には、チャーシュー2枚と、海苔1枚、わかめが少々です。

まず、つけだれをレンゲで一口飲んでみますと、普通のラーメンスープを濃くして、油と酸味と唐辛子の辛味を利かした感じです。
しかし、つけ麺のつけだれには、まだ弱い感じでもう少しインパクトがほしいところでした。
麺は、ラーメンの麺と同じで、水で締めて有りますので、腰の方はしっかりしていました。

でも、普通のラーメンの方がいいかな~。

つけ麺(大):800円
 w_P1000339

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101161.html



2007年06月02日

このお店には、3年位前に一度入ったことがあり、今回で2度目の訪問になります。
場所は、高崎市上室田町(旧榛名町上室田)の国道406号沿い、榛名川橋パーキング近くにあります。

お店の雰囲気は、古い農家の様な落ち着いた感じです。
席に着くと、そば茶とサービスの一口粥を出してくれました。
まずは、田舎そばを大盛で注文して、出された粥を味わってみます。
粥の上には、練り梅と蕎麦の実が掛かっていて、さっぱりとしていてなかなか美味しいです。

程なくして、田舎そばが到着です。
蕎麦は、やや太めに切られており、そばの風味は豊かです。
太めの蕎麦ですので、腰があると言うより、ややもっちりとした噛みごたえのある蕎麦です。
蕎麦つゆは、出汁の利いた濃いめで辛めです。
ここでは、わさびではなくもみじおろしで、これを入れると、唐辛子の辛味でまた違った雰囲気になります。
これはなかなか面白いですが、私としては、やはりわさびの方が良いかな~。

蕎麦はなかなか美味しいですが、値段がちょっと高めですので、CPはやや低めですね。

お店外観:
 w_P1000332

一口粥(サービス)
 w_P1000335

田舎そば(大盛):800+200円
 w_P1000338



2007年06月01日

たまたま、みかぼみらい館に行く用があったので寄りました。

注文は前回と同じく、2枚せいろです。
待っている間、女将さんとおぼしき人が新聞を持って来てくれました。
このようなちょっとした心遣いはとても良いですね。接客はとても丁寧ですし、やはり客商売はこうでなくては。
(以前、同じ藤岡市内のラーメンを食べた時とは大違い。このラーメンの店主の接客は最低だったな。)

ちょっと脱線してしまいました。

店内には、先客が3,4組程度と、比較的空いていましたので、さほど待たずにお蕎麦が出ました。

蕎麦は、前回と同様に風味が豊かで、腰のしっかりしたとても美味しい蕎麦です。
蕎麦つゆは、濃いめで辛めのつゆですが、今回は、以前はほとんど感じなかった椎茸の風味がやや強めに感じられました。
椎茸の風味があるために、辛さが抑えられ、ややまろやかさが増したような気がします。
椎茸の風味が嫌いな方には、ちょっと鼻につくかもしれませんが、これもなかなかよかったです。

ちょっと高めですが、さすがに、ここは美味しいですね~。

2枚せいろ:1,050円
 w_P1000330

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101154.html



アクセスカウンター(UU)

    記事検索