2007年12月

2007年12月21日

午後一番で外出した際に、移動の途中で寄りました。
入店は、12時20分くらいとちょうどお昼の時間で、かなり混雑していました。
いつもは、1時半くらいの入店が多いので、昼時はこんなにも混雑しているのかと思ってしまいました。

あまり、時間がなかったために、天ぷらなどの種物を避けて、もりそばの大盛を注文しました。
かなりの混雑でしたが、10分足らずでお蕎麦がでました。
かなり、回転が速そうです。

蕎麦は、いつものように、がっしりとした腰というか噛み応えのある蕎麦です。
この日のつゆは、いつもより、若干出汁が勝ったような感じでしたが、なかなか美味しいですね~。

いつもながら、量が結構多いですので、満足しました(笑)。

もりそば大盛:650+200円
 w_P1000848

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101337.html



2007年12月19日

久しぶりにローランドのモルトを買いました。

グレンキンチーです。
前回これを購入したのが、昨年の8月でしたので、1年と4ヶ月ぶりになります。
このモルトは、食前酒に最適とも言われています。
甘めの香りと、ドライで麦芽の味がある、とても飲みやすいモルトです。

あと、スコッチには珍しく、おまけが付いていました。
おまけは、ノージンググラスでして、これが有ったので、これを選んだともいえます(笑)。

 w_P1000865w_P1000866w_P1000867 

おまけのノージンググラス
 w_P1000871

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101048.html



2007年12月16日

この日は、高崎の某ラーメン店に行ってみたのですが、いつのまにやら閉店していまして、どうしようかと迷ったのですが、結局は安中に帰りこちらにしました。

1時半を過ぎていましたので、店内は4割程度のお客さんの入りと、比較的空いていました。
前回、こちらを訪問したのが、8月でしたので、約4ヶ月ぶりです。

カウンターに着き、ガッツリと正油ラーメンの大を注文です。

この日のラーメンは、少々スープが薄く、また、麺もやや柔らかめのゆで加減で、悪い方のぶれでした。
また、大の割には、その量が前回の中とあまり変わらないような感じでした。
(自分の胃袋が膨らんだ?)

これだと、餃子セットでラーメンを中にした方が良かったかな(笑)。

正油ラーメン(大):500+200円
 w_P1000846

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101300.html



2007年12月15日

久しぶりの訪問ですね。
前回が、4月の終わりでしたので、7ヶ月ぶりになります。
この日は、ランチを食べにやって来ました。

12時半くらいの入店でしたので、テーブル席は満席で、一人でしたが座敷の方に案内されました。

Aランチをチンジャオロースでお願いして、餃子も注文しました。
Aランチは、料理を八宝菜・エビチリ・酢豚・肉うまに・鶏の唐揚げ・チンジャオロース・回鍋肉・野菜炒めの8品から1つと、ライス、スープ、副菜、お新香、飲み物が付きます。

しばらく待っていますと、まずは餃子が出ました。
ここの餃子は、やや大振りで、しっかりと味の付いた餡とモッチリした皮が美味しいです。
他のお店でも、よく餃子を食べますが、この界隈では、私はここの餃子が一番好きですね。

餃子を2つほど食べた頃に、チンジャオロースのランチが出ました。

チンジャオロースですが、さすがに、中華ですので油が多いのですが、ピーマンとタケノコの細切りがシャキッとした食感で、しっかりした味付けが美味しいです。
以前、酢豚を食べたときには、味付けが私にはちょっと濃すぎましたが、今回はちょうど良かったです。

このランチで820円ですので、ランチメニューだと、やはりCPが良いですね~。

Aランチ(チンジャオロース):820円
 w_P1000839

餃子:420円
 w_P1000835
以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101219.html



2007年12月14日

溜まった文庫本を、高崎の買い取り店に売りに行った帰りに寄りました。
11時半くらいと、少々早めの入店にも関わらず、店先の駐車場が空き1台と、かろうじて車を停めることができました。

入店すると、一人でしたので、カウンターに案内され、席に着きます。

注文は、前回と同じくらーめんの細麺とランチセットのこぶたごはんです。

程なくして出されたラーメンですが、豚骨スープにかつお餡のコンビなのですが、この日はかつお餡のパンチが今ひとつ薄く、以前のようながつんと来る香りも控えめに感じました。
(私の、鼻と舌がなれてしまったのかな。)

麺は、堅めのゆで加減の細ストレートで、こちらは、以前同様に美味しいですね。

あと、こぶたごはんですが、この日のご飯の炊きあがりが、柔らかめでして、私としてはもうちょっと堅めの方が好みです。

この日のラーメンのスープは、かつお餡が追加される以前のような、ちょっとのっぺりした味に戻ってしまったような感じでした。

らーめん(細麺):680円
 w_P1000834

こぶたごはん(ランチセット):80円
 w_P1000833
以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101319.html



2007年12月11日

かなり久しぶりに、お酒、食べ物以外の記事になります(笑)。

東京勤務から、群馬勤務に戻って、ガクッと読書量が減っていましたが、今年の5月連休から徐々にまた読み始めています。
ま、でも、東京勤務の時のようなペースにはなりませんけどね。
何せ、毎日、新幹線の往復2時間が読書タイムでしたから。

で、最近読んだ本は、和久俊三氏の「遠野・京都橋姫鬼女伝説の旅殺人事件」(講談社文庫)と似鳥鶏氏の「理由あって冬に出る」(創元社推理文庫)の2冊。

 w_P1000863

タイトルを見ればわかりますが、2冊ともミステリー

和久俊三さんの作品は、昔から読んでいますが、似鳥鶏さんのものは、初めてです。
書店で見かけて、裏の紹介文が面白そうだったので、読んでみました。

ここでは、内容に関しては書きませんが、両方ともなかなか面白かったです。



2007年12月09日

この日は、子供たちを富岡の某病院にインフルエンザの予防接種に連れて行ったのですが、病院がかなり混み合っていまして、病院を出たのが12時半くらいになってしまいました。

昼食をどこかで食べてから帰ろうと思い、子供たちに「何を食べる?」と聞いたところ、鴨汁そばとの答えが返ってきます。
下の子が、車に弱いため、あまり遠くには行きたくなかったので、それではと帰り道のこちらにおじゃましました。
前回来たのが、3月でしたので、8ヶ月ぶりになります。

注文は、子供たちは本鴨汁そばで、私は、前回と同じく天重セットの冷たいそばの大盛をお願いしました。

天重セットですが、天重は、普通サイズで、そばは小さめのせいろに盛られていまして、大盛はこのせいろが2枚になります。

そばですが、前回にも書きましたが、やや風味が弱い、腰のしっかりした田舎そばで、標準的なものです。
ただ、今回は、そばつゆが、甘めになっていまして、ややくどさを感じてしまいました。
前回の時には、あまり甘さが気になりませんでしたので、日によりつゆの味がぶれるのかも知れません。

天重も、天つゆのベースが、この返しのようですので、こちらも甘めでした。
ご飯は、やや固めに炊きあがっていてなかなか良かったです。

子供たちは、下の子も残さず完食でした。

しかし、今回のそばで、また、以前のようなちょっとくどさのあるつゆという印象に戻ってしましました。

天重セット(大盛):1,155+105円
 w_P1000827

本鴨汁そば:945円
 w_P1000828

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101193.html



2007年12月08日

この日は、比較的近くのこちらにおじゃましました。

最近、店の外ののぼりに、日替わりランチという文字を見かけるようになりましたので、ランチを食べるつもりで入店しました。

席に着き、メニューを眺めますと、以前とはセット内容で若干変更になっていますね。

さて、注文の方ですが、ランチのつもりでしたので、日替わりランチのAランチをお願いしました。
この日のAランチは、明太子ドリアミニ、スパゲッティー、サラダです。
スパゲッティーは、和風キノコ、チーズとバジルのトマトソース、アサリのクリームソースの3種から選べましたので、チーズとバジルのトマトソースをチョイスです。

サラダは、至ってシンプルなもので、特に特徴はありません。

スパゲッティーは、まず、パルミジャーノのチーズの香りがガツンと来ます。
チーズは、パウダー状及び、スライス状のパルミジャーノ、角切りにされたモッツァレラで、それがトマトソースに混ざっていまして、チーズの味が濃厚で、なかなか美味しいです。
ただ、パスタの量が少ないのと(通常サイズの半分程度かな)、チーズ(特にモッツァレラ)が冷えていたのとがあり、低めの温度になっていまして、少々残念でした。

明太子ドリアミニは、その名の通りミニサイズのドリアで、ホワイトソースがなめらかで、明太子の辛さがアクセントになり、これも良いですね~。

ただ、いつもパスタのLサイズを食べていますので、今回は両方とも小さくて、量的に少々物足りなさがありました(笑)。

Aランチ(サラダ):850円
 w_P1000812

明太子ドリアミニ:
 w_P1000813

チーズとバジルのトマトソーススパゲッティー:
 w_P1000815

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101317.html



2007年12月07日

かなり昔に、そば・うどん本で見かけて、一度訪問してみたいと思っていたお店です。
3年以上前に、一度、来てみたことがあるのですが、そのときは、駐車場が満車でしたので、あきらめて引き返してしまいました。
それ以来、なかなか機会がなくて、3年以上過ぎてしまいました。

お店の場所は、佐波郡玉村町斎田で高崎伊勢崎線沿いにあります。

この日は、1時過ぎでしたので、すんなりと入店できました。

座敷の4掛けのテーブルに着き、メニューから肉汁うどんの大盛とかきあげを注文しました。

さほど待たずにうどんが出ました。
うどんですが、きっちりと締められていまして、評判通りの腰のあるうどんです。
また、ほのかな塩味がなかなか美味しいです。

つけ汁の肉汁ですが、つけ汁だけを味わうと、やや濃いめの醤油味に、豚肉の甘みがあります。
うどんをつけて食べますと、ちょっと出汁の風味が弱めで、私としては、もう少し強めの出汁がほしいところでした。

かきあげは、ネギ、タマネギ、にんじんなどのかきあげで、さっくりとした衣がなかなか良かったです。

さすがに、うどんは美味しかったです。
ただ、普通のもりうどんを味わっていませんので何とも言えないところがありますが、ちょっとつけ汁の出汁が弱めかな~。

お店外観:
 w_P1000805

肉汁うどん(うどん大盛):595円
 w_P1000803
 w_P1000804

てんぷら(かきあげ):155円
 w_P1000802



2007年12月05日

ボーモアは、過去に、レジェンド、カスクと紹介しましたが、今回は、サーフです。

色は、やや薄めの琥珀色で、香りは、ややスモーキーです。
味は、ドライでスパイシー、ピーティーです。
余韻は、スモーキーさが長く残ります。

ボーモアはアイラモルトのなかでも、中くらいのものと言われますが、それでも、やはり個性的で、かなりスモーキーさがありますね。

 w_P1000842w_P1000843w_P1000844 



アクセスカウンター(UU)

    記事検索