2008年01月

2008年01月13日

この日は、高崎の書店に行く予定がありましたので、その途中で寄りました。
前回が昨年の9月でしたので、4ヶ月ぶりになります。

ちょうどお昼時でしたので、店内はかなり混雑していました。

ここでは、最小単位がそば五合(約2人前)ですので、五合を注文です。

この日の蕎麦は、やや緑がかっていまして、蕎麦の風味もなかなかです。
ここの蕎麦は、秀丸さんが確認したところによると、布海苔をつなぎに使っているとのことでしたので、新潟のへぎ蕎麦に近いものです。

そばつゆは、濃いめではありますがやや甘めです。しかし、くどい感じはしません。

なかなか美味しかったです。

そば五合:1,470円
 w_P1000017

そば湯寒天:サービス
 w_P1000020

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101304.html



2008年01月12日

手っ取り早く、しかもガッツリと味噌ラーメンが食べたい気分でしたので、近くのこちらにおじゃましました。

12時半くらいでしたが、店内は2割程度のお客の入りで、結構空いていました。

ガッツリと味噌ラーメンのつもりでしたので、こてこて味噌ラーメンの大盛となんなん飯セットを注文です。
なんなん飯は、ここの姉妹店の麺屋 なんなんでも出されている、角切りにされたチャーシューと高菜の乗ったミニ丼です。

この日のラーメンですが、麺が少々茹ですぎでちょっと柔らかくて残念でしたが、相変わらず無難なお味です。

なんなん飯も、柔らかいチャーシューの角切りに高菜の辛みがなかなか良かったのですが、ただ、ちょっと味付けが薄めかな~。

こてこて味噌ラーメン(大盛):680+100円
 w_P1000011

なんなん飯セット:380円
 w_P1000013

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101322.html



2008年01月11日

昨年と同様に、2008年の外食も、このお店からスタートです。

昨年は、子供を連れてカレーうどんでしたので、今回は、普通のもり(当然大盛です)とミニかきあげ丼にしました。

ゆで時間が12分ほど掛かりますので、その間、TVで放送していた箱根駅伝の中継をボーッと見ていました。

そうしているうちに、来ました、もりとミニかきあげ丼です。
うどんは、ピカピカで見るからに美味しそうです。
まずは、うどんだけを一口。
しっかりした腰にほのかな塩味で、美味しいですね~。
つゆですが、このお店では、もりとは言っても、暖かいつゆです。
醤油が濃いめのつゆですが、出汁(鰹節だと思います)がすごく良い香りで、これも良いです。

ミニかきあげ丼も、さっくりと揚げられた、カボチャ、インゲン、かき揚げに、すっきりとしてくどさが無い丼つゆが掛かっていて、なかなか良かったです。

ちょっと高めの値段設定ですが、なかなか美味しいうどんですね。

もり(大盛):580+110円
 w_P1000007

ミニかきあげ丼:320円
 w_P1000006

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101143.html



2008年01月09日

頂いたコニャックのオタールXOです。

インターネットで調べてみると、極端にまれな最高品質のオードヴィを用い約35年もの熟成を重ねた年代物のコニャックとなっています。
しかも、私が見たHPによると価格は約6,000円。
また、ボトルの形状こそは同じですが、今のXOとはボトルもデザインも違っています。

色は、かなり赤っぽい琥珀色で、香りは少々コルクの匂いがしますが、やや甘めで華やかな感じです。
味は、最初はドライでその後まろやかさが広がります。

さすがに、美味しいですね。

 w_P1000888w_P1000889



2008年01月06日

たまには、お酒、食べ物以外で(笑)。

今日は、4年ぶりに群馬サファリパークに家族で行ってきました。
と言うのも、ある方より、サファリパークのチケットを頂きまして、また、冬休みの最終日ということもあり出かけました。

入園料を払い、自家用車で入園です。

 w_P1000027

車の中から、放し飼いにされた動物たちを眺めつつ、ゆっくりと園内をお散歩。

キリン
 w_P1010001

サイ
 w_P1010002

猿(ジャンプしてます)
 w_P1010009

途中の動物ふれあいゾーンでは、鹿せんべいを購入して、鹿にえさなどを手渡しでやりました。

 w_P1010018

ホワイトタイガー
 w_P1010035

ライオン
 w_P1010041

園内を一周した後は、おみやげのクッキーなどを購入して、サファリパークを後にしました。

たまには、サファリパークも面白いですね~。



2008年01月05日

ようやく、最後の昨年末の外食ネタです(笑)。

この日は、2007年の大晦日でしたので、年越し蕎麦のつもりで寄りました。
(といっても、この夜、また自宅で年越し蕎麦を食べたのですがね(笑)。)

12時ちょっと過ぎと、ちょうど昼時でしたが、先客がいません。
ただ、私が席に着いた後、すぐに3,4人連れのお客さんが3組ほど立て続けに来店されました。
私が、このお店に来ると、いつも私一人か、もしくは、先客が1組程度しかいらっしゃったことしかありませんでしたので、少々びっくりしました(失礼しました)。

注文ですが、ここではまだ暖かい蕎麦と天ぷらを食べたことが無かったので、天かけそばをお願いしました。

天かけそばですが、かけそばに別もりの天ぷらが付いたものです。

まずは、かけそばから味わいます。
かけそばは、見た目が非常にシンプル(当たり前ですが)です。
つゆを飲もうと、顔を丼に近づけるとゆずの良い香りがします。
つゆは、すっきりとした辛めのつゆで、蕎麦は、さすがにもりのようなカッチリとした腰は無くなり、ややモッチリとした感じになりますが、それでも、腰を感じます。
「温かい蕎麦も、なかなか美味しいな~」と思いながら、今度は、天ぷらを一口。
天ぷらは、エビ、にんじん、ピーマン、なす、サツマイモ、ちくわ等がさっくりと揚がっていて、なかなか良い感じです。

2つほど、天ぷらをそのまま食べた後は、今度は、天ぷらをつゆに漬して食べてみました。
しかし、天ぷらには、このかけつゆがすごくあっさりとしてすっきりしすぎていて、私の感じでは、別々に食べた方が美味しいです。
天ぷらを入れるのであれば、もう少し、つゆ自体をややくどめにした方が合いそうです。
(だから、別もりになっているのでしょうね。)

ただ、塩や天つゆが無いので、どちらかをつけて出してもらえると良いですね。

しかし、この内容で、1,000円は安いと思いますね~。

天かけそば:1,000円
w_P1000944

w_P1000942

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101191.html



2008年01月04日

少し前、高崎北部環状線を車で走っているときに、環状線の電柱にある看板を見かけて、一度入ってみようと思っていたお蕎麦屋さんです。
お店の場所は、高崎市問屋町で高崎北部環状線の1本北側の通りで、環状線沿いにあるシャンゴ問屋町支店の裏側(北側)になります。

12時ちょうどくらいの入店でしたが、先客が誰もいなくてすごく空いていました。

初めてですので、基本のもりを大盛で注文しました。

ほとんど待つことなく、もりが出されます。
出されたもりには、薬味として、ネギ、おろし、わさび(粉わさびでした)、ごまと天かすがあり、そば湯も同時に乗っています。

まずは、蕎麦だけを味わいますと、蕎麦の風味が良く、腰のしっかりとした、なかなか美味しい蕎麦です。
そばつゆは、甘めの薄めで、出汁の風味も薄め。
「ちょっと、このつゆは弱いな~。蕎麦が良いだけにこれは残念。」という感じでして、蕎麦をどっぷりとつゆにつけても、まだ弱めに感じてしまいました。

そば湯も、かなり薄くて、なんか白湯を差して飲んでいるような感じです。

「蕎麦が良かっただけに、もうちょっと、つゆが強いと結構美味しいのに」と思いつつ、お店を出ました。

お店外観:
 w_P1000934

もりそば(大盛):525+210円
 w_P1000939



少々寒い日でしたので、「ニンニクの利いたラーメンが食べたいな~」ということでおじゃましました。

入店して食券機のところを見ますと、限定20食(だったかな)のキャベふじ麺が目にとまりましたので、キャベふじ麺の食券(右下の限定のボタンでした)を購入して、店員さんに中盛でとお願いして食券を渡しました。

極太麺のためゆで時間がかなりかかりますので、しばらく待った後にキャベふじ麺が到着です。

いつものふじ麺だと、もやしがほとんどですが、このもやしがすべてキャベツになっています。

まずは、こぼさないようにキャベツを一口。
キャベツにはごま油が掛かっているようで、ごまの香りが香ばしいです。
スープは、普通のふじ麺と同じですね。
ある程度、キャベツの山を食べてから、下の麺を取り出して極太の麺に食らいつきます。
相変わらずのうどんのような極太麺をガシガシと食べました。

ふー、お腹一杯です(笑)。

キャベふじ麺(中盛):800円
 w_P1000931

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101351.html



2008年01月03日

この日のお昼は、かつ丼とお蕎麦のセットを食べようと安中の某お蕎麦屋さんに行ってみたのですが、あいにくのお休み。
かつ丼の気分が変わりませんでしたので、こちらはセットが豊富にあることを思い出し、やって来ました。

入り口すぐのカウンターに席を取り、かつ重セットを温かい蕎麦でお願いしました。
このお店のかつ重セットは、普通サイズのかつ重と、ハーフサイズの蕎麦かうどん、サラダ、お新香が付きます。

あまり待つことなく、かつ重セットが出ました。

まずは、伸びる前に蕎麦から食べます。
温かい蕎麦ですので、蕎麦の腰はあまりありません。
かけつゆは、やや甘さがあるものの、出汁の利いた濃いめですが、この日は少々温度が低め。
しかし、前回の冷たい蕎麦より、今回の暖かい蕎麦のつゆ方が良かったですね。

かつ重ですが、かつはすごく柔らかいですのですが、卵は半熟の方が好きだな~。
ご飯は、やや硬めの炊きあがりで、このお店のご飯の炊き方は、なかなか私好みです。

かつ重セット:945円
 w_P1000927

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101356.html



この前の週に来たのですが、あいにくのお休みでしたので、再度訪問しました。
約半年ぶりです。

私が、入店したときには、常連さんと思われる人が一人だけで、食べ終わって店主さんとお話をしているところでしたので、小上がりのテーブルに席を取りました。
ラーメンとトッピングの高菜、それと高菜チャーハンを注文しました。
注文した後に、立て続けに4組ほど2,3人連れで来店されまして、私としては一人でテーブル席にいるのが少々申し訳ない気分になりました。
「早く食べてしまおう」などと思っている内に、ラーメンとチャーハンが出ました

今回初めて、高菜のトッピングをしましたので、豚骨ラーメンの上に高菜がデンと乗っています。
ただ、スープが少々高菜の味に振られてしまっていて、いつもの豚骨スープより少々辛めになってしまいますね。
「高菜は、無い方がいいな~。次回からは、やはりトッピング無しで頼もう」なんて、勝手なことを思ってしまいました。

高菜チャーハンですが、こちらは、ラーメン店のチャーハンという感じで、少々ベタつきがありますが、しっかりとした味がなかなか良かったです。

10分程度でラーメンとチャーハンを平らげて、お店を出ました。
やはり、空いていても一人の時はカウンターにしようと思った次第です。

ラーメン+高菜:500+100円
 w_P1000922

高菜チャーハン:600円
 w_P1000923

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101244.html



アクセスカウンター(UU)

    記事検索