2008年03月

2008年03月15日

このお店は、以前 秀丸さんのBlogで見かけて、是非、特盛を食べねばと思っていたお店です。

場所は、藤岡市岡之郷で、高崎市新町との境、上信道藤岡JCT近くの高速側道脇になります。

11時40分くらいにお店に着いたときには、先客が一組だけだったのですが、私が入店してしばらくすると、瞬く間に3,4組のお客さんが来店されまして、かなりの人気店のようです。

注文は、田舎蕎麦の特盛と、野菜天から舞茸を1つお願いしました。

しばらく待った後に、まずは、田舎蕎麦の特盛が出ました。
出された蕎麦を見て、ちょっとびっくり。
見慣れた蕎麦猪口ではなく、ちょっと小さめの丼につゆが入っています。
「えっ、丼で?」と口には出しませんでしたが、唸ってしまいました。
私の後に上蕎麦の特盛を頼んだ人は、蕎麦猪口でしたので、このお店の田舎蕎麦のつゆは、丼で出されるようです。

ま、とにかく、蕎麦を味わいます。
蕎麦は、やや風味が弱めで、腰もカッチリとしたものでは無く、ちょっとモッチリとした感じでしたが、標準的な美味しさです。
つゆですが、やや薄めのすっきりとした感じで、この田舎蕎麦だとちょっとつゆが負けてしまっているような気がしました。
「蕎麦をどっぷりとつけて、つゆを多めに啜り込むようにさせる意図で丼か~」とここで一人で納得。
(あっと、お店の人には確認してません。)

あと天ぷらですが、ちょっと油切りが悪くて、ベタつきがありましたが、1つ80円で揚げたてを出してくれますので安いです。

ここは、値段もそこそこでかなりCPが良いお店ですね~。

お店外観:
 w_P1000216

田舎蕎麦(特盛):500+300円
 w_P1000221

野菜天(舞茸):80円
 w_P1000224



2008年03月14日

初めて訪問してみました。
このお店は、以前ネットで見かけて、一度行ってみたいと思っていたお蕎麦屋さんです。

場所は、高崎市新町で、JR高崎線新町駅北口から国道17号を渡って200mくらい行った左側にあります。
お隣は、セブンイレブンでしたので目印になるかと思います。

お店に着いたのが、午前11時ちょうどくらいで、私が駐車場に車を停めようとしたときに、店主さんが営業中の看板に変えていました。

一番乗り(笑)で入店しますと、店員さんがまだテーブルなどを拭いていました。
拭き終わった、テーブルに案内されまして、お茶とメニューを受け取ります。

初めてですので、基本のもりそばを大盛で注文です。

しばらくして出されたお蕎麦は、かなり細切りにされた上品な感じのお蕎麦で、見た目が綺麗です。
やはりまずは、蕎麦だけを2本啜ります。
蕎麦の風味が豊かで、冷水できっちりと締められた腰も抜群です。
「美味しい蕎麦だな~」と思いながら、つゆの方を味見。
つゆは、私好みの、出汁のしっかりした、やや濃いめで辛めのつゆで、これに蕎麦をちょっと浸して啜りますと、またいっそう美味しいです。

ここは、店員さんの接客も良いし、蕎麦も美味しかったですね~。
ただ、私の家からちょっと遠いのが難点か(笑)。

お店外観:
 w_P1000209

もりそば(大盛):630+160円
 w_P1000213



2008年03月12日

今回は、ボーモアの12年にしました。
12年は、ここでは紹介したことがありませんが、かなり久しぶりの購入になります。

以前の時に比べて、ボトルとラベルのデザインが変更になっています。

やや赤っぽい琥珀色で、香りはスモーキーです。
ラフロイグのようなヨード臭は無く、バランスのとれたお酒ですね。

久しぶりの12年でしたが、なかなか美味しいです。

 w_P1000895w_P1000896w_P1000897 



2008年03月09日

雪の降った日でしたので、「こんな日は、近くで済まそう」と思い、こちらにお邪魔です。
前回が、昨年末でしたので、2ヶ月ぶりになります。

12時ちょっと過ぎの入店で、先客は2組でした。
皆さん、暖かい蕎麦を食べていたのですが、私は、やはりいつもの、大天もり(笑)を注文です。

あまり、待たずにお蕎麦が到着です。
まずは、写真をと思い、蕎麦の写真を撮りますと、山盛りになっている蕎麦が崩れてきていまい、慌てて食べ始めました。
最近は、ちょっと少なくなってきたような気がしていましたが、この日の盛具合は、ちょっと多くなったようでした。

ただ、今日はつゆがやや弱めなのが残念でしたが、まーそれでも650円。
ガッツリと食べました(笑)。

大天もり:650円
 w_P1000206

 w_P1000205

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101371.html



2008年03月08日

前日が会社の飲み会で、車を会社の駐車場に置いたまま電車で帰宅しましたので、車を取りに行ったついでに寄りました。

長野県内には、複数のお店がありますがその助屋さんの高崎店になります。
場所は、高崎市旭町で高島屋の北西の交差点そばです。

11時半くらいにお店に着き、入店しますと、カウンター席が6席ほどしかない、かなり狭い店内です。
奥のカウンターに座ると、店主さんが「メニューは野菜醤油らぅめんになりますが」と声が掛かりました。
「それでお願いします」と、そのまま注文です。

このお店では、メニューは野菜醤油らぅめんだけになっているようです。
それと、トッピングが数種類です。

程なく出された野菜醤油らぅめんですが、かなり深い丼に、野菜が綺麗に盛りつけられています。

まずは、スープを一口。
熱々のスープは、背脂が浮いていて、背脂の甘さを感じますが、醤油がガツンと来る結構濃いめのスープです。
「ラーメン神田店で食べたラーメンに似ているな~」と思いながら、今度は麺を。
麺は、緩いウエーブの掛かった太麺で、やや硬めのゆで加減です。
これも、「やっぱり、似てるな~」なんて思いつつ、ガッツリと頂きました。

かなり、濃厚な豚骨醤油ラーメンといった感じで、個人的には、結構気に入りました。
なかなか美味しかったです。

お店外観:
 w_P1000196

ガッツリ 野菜醤油らぅめん:680円
 w_P1000199



2008年03月07日

久しぶりに、高崎で飲み会があり、その帰りに〆のラーメンということで寄りました。
またも、酔っぱらっての一杯になりますね~(笑)。

午後10時ちょっと前だったのですが、店内はほぼ満席。
相変わらず、混んでいます。

〆の一杯ですので、いつものごとく匠ラーメンの小盛りを注文です。

熱々で、魚介の良い香りのスープが、冷えた体を温めてくれました。
麺も、ちょうど良いゆで加減で、美味しかったですね~。

しかし、また最近体重が増え気味ですので、食べた後にちょっと後悔です(笑)。

匠ラーメン(小盛り):580円
 w_P1000195

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101251.html



2008年03月05日

グレンギリーです。

すごく久しぶりに購入したのですが、ここで、紹介するのは初めてのモルトかもしれません。

ここの蒸留所は、1995年に一度閉鎖されたのですが、1997年秋から操業が再開された東ハイランド最古の蒸留所だそうです。

色は濃いめのゴールドで、香りはやや甘めでかすかにバニラっぽい感じがします。
味は、ピリリとした感じがありスパイシー、少しオイリーです。
余韻は、スパイシーさが残ります。

これも、なかなか美味しいですね。

 w_P1000225w_P1000226w_P1000227 



2008年03月02日

久しぶりに、激辛の火山麺が食べたくなりましたので、行ってきました。

午後1時くらいの入店でしたが、店内は満席状態で、私は唯一空いていたカウンターに着きました。
相変わらずの人気ですね。

店員さんに、食券を渡し、中盛でお願いしました。
極太麺ですので、ゆで時間が結構掛かりますから、しばし厨房を眺めながら待ちます。

久しぶりに食べる火山麺ですが、店員さんが、「辛いのでちょっとずつ溶かしながら食べてください」と忠告してくれます。

盛られた野菜を溢さないよう気をつけながら、野菜の山を崩していきます。
ある程度、野菜を食べて混ぜられるようになったところで、激辛味噌を全部混ぜて、麺に食らいつきます。
相変わらずのうどんのような極太麺が良いですね~。

さすがに、激辛でしたが、問題なく完食です。

いやー、久しぶりの激辛でしたが美味しかったです。

火山麺(中盛):800円
 w_P1000191

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101383.html



2008年03月01日

会社の同僚に、「新しくできたお蕎麦屋さんに入ったけど、味がわからなかったので、一度食べて味を確認してみて」と言われましたので、行ってきました。

場所は、高崎市正観寺町で近くには中川小がありますが、ちょっと説明しにくい場所にあります。

午後、12時ちょっと過ぎの入店でしたので、店内にはかなりのお客さんが居ました。

カウンター席に着き、出してもらったメニューを眺めます。
ここは、蕎麦以外にもご飯ものなどがありまして、ちょっとご飯ものにもそそられたのですが、やはり初めてですのでもりそばです。
もりそばの大盛と、やさい天を注文しました。

15分ほど待ちまして、お蕎麦が出ました。

まずは、蕎麦だけを味見です。
蕎麦は風味がやや弱めですが、冷水できっちりと締められています。
腰もしっかりとしていて、まずまずと言ったところです。
つゆは、やや薄めながら出汁の風味が利いていて、甘さが控えめなすっきりとしたもので、蕎麦をどっぷりとつけて食べるとちょうど良い感じです。
「へー、予想したより良いな~」と思いました。
天ぷらも、105円の値段ですが、これが揚げ置きではなく、揚げたてで出されましたので、これは安いです。

蕎麦は、普通に美味しかったですが、値段が安くてしかも天ぷらが105円揚げたてでしたので、コストパフォーマンスは良いですね~。

お店外観:
 w_P1000186

もりそば(大盛):525+52円
 w_P1000188

やさい天:105円
 w_P1000189



アクセスカウンター(UU)

    記事検索