2008年04月

2008年04月13日

モダンなお蕎麦屋さんが藤岡にあると聞きましたので、初めて訪問してみました。
場所は、藤岡市藤岡で藤岡総合病院の隣り、群馬トヨペット向かいになります。

お店は、コンクリートの打ちっ放しで、見た目はお蕎麦屋さんに見えません。
入店すると、店内にはジャズが流れていて、とてもモダンで落ち着いた雰囲気です。

一人でしたので、窓際に作られたカウンターに案内されました。
窓越しに、綺麗に手入れされたお庭が見えまして、なかなか凝っているな~と感じます。

初めてですので、いつもの基本のもり蕎麦を大盛でお願いしました。

注文後、ほとんど待つことなくもりの登場です。
見た目は、ちょっと小さめのざるに盛られていますので、「量が少ないのかな」と思いましたが、とりあえずは食べることに。
いつものように、まずは蕎麦だけを味見です。
細切りにされた蕎麦は、風味も腰も良く、かなり美味しい蕎麦です。
つゆは、濃いめのやや辛口で、これも出汁とかえしのバランスが良く、私好みです。

「なかなか美味しいな~」と思いつつ、蕎麦を啜ります。
初めは、量がちょっと少ないかなとも思ったのですが、見た目よりは全然多かったです。

いやー、美味しい蕎麦でした。

お店外観 (お蕎麦屋さんには見えませんよね~):
 w_P1000299

揚げ蕎麦:サービス
 w_P1000304

もり蕎麦(大盛):650+200円
 w_P1000306



2008年04月12日

この日は、高崎の某店に向かったのですが、ここは駐車場が満車で停められず、それではと別のお店に向かうも、ここも満車。
仕方なしに、こちらにお邪魔しました。

お店の外には醤油ラーメンの文字があったので、少々ひかれましたが、食券機の前でちょっと悩み、結局はチャーシューもりそばと男盛の食券を購入です。
カウンター席に着き、もりそばが出るのを待ちます。

15分ほど待った後に、もりそばが登場です。

つけ汁は、ちょっと油が多いのですが、熱々で魚介がガツンと来る濃厚なものです。
酸っぱさや甘さはあまり感じず、なかなか美味しいですね~。
麺も、太ストレートのモッチリしたもので、今回は男盛(+300g)ということもあり、ガッツリ頂きました。

いやー、満腹です(笑)。

チャーシューもりそば(男盛):850+150円
 w_P1000298

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101424.html



2008年04月11日

この日は、あんかけ焼きそばの気分でしたので、久しぶりにこちらを訪問しました。

ちょうど12時くらいの入店でしたが、先客がいませんでした。
ただ、しばらくすると、近くの工場の方たちがお昼を食べにやって来まして、あっという間に満席状態となってしまいました。
相変わらずの人気店ですね~。

あんかけ焼きそばのつもりでしたので、エビ入りあんかけ焼きそばと餃子を注文しました。

エビ入りあんかけ焼きそばですが、ぷりぷりのエビがかなり入った、塩味のあんかけです。
中華なので油は多いのですが、結構あっさりとしていて、野菜もシャッキリで美味しいですね~。

餃子ですが、この日は、皮はモッチリ、焼き目がカリッとしていて、焼き方もバッチリでした。

いやー、なかなか美味しかったです。

エビ入りあんかけ焼きそば:840円
 w_P1000294

餃子:420円
 w_P1000296

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101334.html



2008年04月09日

いつもの酒屋さんではなく、お酒の量販店を覗いてみると、まだ飲んだことのないこれがあったので早速購入しました。

クオーターカスクとはなじゃらほいと言うことで、ネットで調べてみると、「初めに通常サイズのアメリカンオークで熟成された後、バットの4分の1サイズの樽に移されて後熟されています。」となっていて、「これによって、ウイスキーと樽との接触面積が30%ほど増え、樽の影響を強く受ける」ということらしいです。

色は薄めの琥珀色という感じで、香りはスモーキーなのですが、ほのかなマンゴーのような甘い香りもあります。
味は、口に含むとまずはピリリとした感じがありますが、ココナッツのような甘さもあります。
余韻は、スモーキーな感じは当然として、甘さも残りますね

ラフロイグらしさを残しながら、ヨード臭は控えめで、なかなか美味しいですね。

 w_P1000311w_P1000312w_P1000313



2008年04月06日

このお店は、昨年、ネットの記事で見かけて、行ってみたかったお店です。
前橋は、我が家から遠いのでなかなか足が向きませんでしたが、ようやく訪問することが出来ました。

場所は、前橋市箱田町でレンタルビデオのツタヤの近くでミニストップの隣りになります。

店内に入りますと、ジャズが流れていてとてもお洒落で落ち着いた感じのお店です。

一人でしたので、カウンター席に案内されました。

メニューを眺めて、天せいろを大盛で注文です。

私が、注文した後、2,3組のお客さんが来店されて、12時前だったのに結構人気のあるお店みたいです。

程なくして、天せいろが出ました。

蕎麦は、かなり細切りにされています。
まずは、いつものごとく蕎麦だけを啜ります。
風味はまずまず、腰もしっかりとしていてなかなか良いですね~。
ただ、ちょっと短い蕎麦が多かったで、啜りずらかったですね。
つゆは、やや濃いめですが若干甘めでして、私としてはもうちょっと甘みを抑えたつゆの方が好きです。

天ぷらは、揚げ方もさっくりとしていて油切りも良くて美味しいです。
天つゆが付いてきたのですが、こちらは、ちょっと出汁が弱いかな。

なかなか、落ち着いた雰囲気のお店で、女将さんの接客も良くて気持ちの良いお店でした。

お店外観:
 w_P1000285

天せいろ(大盛):1,400+200円
 w_P1000288

 w_P1000289



2008年04月05日

このお店は、7,8年前にそば・うどん本で見てからずっと気になっていたのですが、なかなか機会がなく行けていませんでしたので、今回が初めてになります。

場所は、前橋市天川原町で爆弾ハンバーグのフライングガーデンさん向かいになります。

ちょっと、早い時間でしたので、入店したときには先客が1名で、ゆったりとしていました。
テーブル席に着き、基本のもりを大盛で注文です。
そば本では、更級系の蕎麦が食べられるとのことでしたので、ちょっと期待しつつ待っていますと、10分も掛からず蕎麦が登場です。

蕎麦の見た目は、ややクリームがかった白で、綺麗ですね~。
まずは、いつものごとく蕎麦だけを味わいます。
さすがに一番粉の蕎麦ですから、蕎麦の風味は弱めですが、蕎麦に甘みがありなかなか美味しいです。
そばつゆは、やや薄めの甘めで、出汁の風味は利いているのですが、私としては、「もうちょっと辛口のつゆで食べたい。少々残念。」といった感じです。

しかし、ここはもりで550円、大盛でも+100円でして、コストパフォーマンスは良いですね~。
接客も気持ちよかったし、ここが我が家から近くだともっと良かったのですが(笑)。

お店外観:
 w_P1000281

もり(大盛):550+100円
 w_P1000284



2008年04月04日

この日は、パスタという気分でしたのでこちらにお邪魔しました。

11時半くらいの入店でしたので、私が入ったときには比較的空いていたのですが、私が食べ始める頃には、待っているお客さんも出ていて、相変わらずの人気にようですね。

禁煙席の座敷に着き、メニューを眺めて、ボンゴレをMサイズでオーダーです。
ここに来るといつもトマトソースばかりでしたので、初めて塩味にしました。

混み始めていましたので、スパゲッティーが出るまでちょっと時間が掛かりしましたが、それでも20分弱でボンゴレが出ました。

見た目は、「パスタの量に比べ、アサリが少ないな~」と思ったのですが、殻付きのアサリだけでなく、むき身のアサリが結構入っていました。

まずは、ソースを一口。
かなりニンニクが利いた、あっさりした塩味で、アサリの潮の風味はあまり感じませんが、なかなか美味しいです。
細めのパスタも、ゆで加減がアルデンテでちょうど良い感じです。

またも2人前のMサイズでしたが、美味しく完食しました(笑)。

ボンゴレ(M):900円
 w_P1000279

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101379.html



2008年04月02日

マッカランのカスクを購入しました。

前回購入したのが、昨年の5月でしたので、10ヶ月ぶりになります。

このお酒は、度数が58.6%で容量が1リットルですので、お得感がありますが、前回が4,290円だったのですが、今回は、5,780円と1,000円以上値上がりしてました(涙)。

香りは、甘めでマッカランらしい感じですが、味は、アルコールの刺激がかなり強くて、まろやかな感じでは無くなりますね。

しかし、いつから値上がりしていたのだろう?気がつかなかったな~。

 w_P1000276w_P1000277w_P1000278
 

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101221.html



アクセスカウンター(UU)

    記事検索