2008年09月

2008年09月15日

このお店には、初めての訪問になります。
少し前に、ネットで十割蕎麦と書かれたHPを見かけて気になっていましたので行ってきました。

お店の場所は、富岡市南蛇井で上信電鉄千平駅から徒歩で5分程度、かぶら食品さんの近くになります。

お店に着いたのが、1時ちょっと前でして、店先に暖簾が出ているのを確認して入店しみますと、店内の明かりが消えています。
「あれ?もう終了したのかな~?」と思っていると、店主さんが出てこられて、「終了ですか?」と聞いてみたところ、「大丈夫です。営業中です」とのお答えが。
そうして店主さんが、明かりをつけて、エアコンを入れてくれます。

とりあえず、カウンター席に着いて、「盛りそばをお願いします」と店主さんに注文を告げます。
そうすると、店主さんはおしぼりやお冷やを出してくれた後、釜に火を入れてました。

湯が沸いてくるまでかなり時間が掛かりそうでしたので、「このお店は長いのですか?」と店主さんとお話をすることに。
「そうですね~、5,6年と言ったところです」と店主さん。
「お店のHPをみて気になったので来てみたのですよ~」と私。

このようなやりとりをしまして、お店のHPは近々やめると言ったことや、私以外にHPをみてやって来たくれた人が5,6人ほどしかいなかったこと、個人のHPだと見てくれる人が少ないのでやめると言ったことなどを話してくれました。

そうこうしているうちにお蕎麦が出ましたので、まずは、いつものごとく蕎麦だけを味見です。

蕎麦は、幅広に切られていまして、この時期ですのでやや風味が弱めで、少々腰も弱めですが、まずまずといった感じです。
つゆは、あまり濃くはありませんが、甘さが無くて出汁の利いたスッキリとした感じでこれは私好みです。

ここのお店は、メニューはかけ蕎麦類やご飯ものがなくて、ご近所さんのお昼というにはちょっと向かないかもしれません。
お蕎麦はまずまずでしたので、今後もがんばってもらいたいところですね~。

お店外観:
 w_P1000753

盛りそば:700円
 w_P1000755



2008年09月14日

富岡郊外のとあるお蕎麦屋さんに出かけたのですが、行ってみると臨時休業の張り紙が。
「あー、ついてないな~、さて、どうするかな~」と思いつつ、車を富岡の市街地に向けて走らせます。

「久しぶりに、あんかけ焼きそばにするかな~」ということで、こちらにお邪魔しました。

12時前でしたが、先客が1組といつもは結構混み合うのですが、珍しくかなり空いていました。

小上がりの方に座り、五目あんかけ焼きそばをお願いして、当然のごとく餃子も1枚注文です(笑)。

五目あんかけ焼きそばですが、ここで注文するのは約2年ぶりになりますね。
中華ですので、油が多いのですが、かなりあっさりとした餡になっていまして、火の通しかたも良くて、シャッキリとした食感の野菜がなかなか美味しいです。

餃子も、皮がモッチリ、焼き目がパリッとしていて、こちらも良いですね~。
(まーでも、餃子は同じ富岡の某店の方が1枚上かなと思いますけどね)。

なかなか、ボリュームがありますので、満足しました。

しかし、行った先での臨時休業というのは、最近ちょっと多いな~(苦笑)。

五目あんかけ焼きそば:840円
 w_P1000745

餃子:420円
 w_P1000746

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101498.html



2008年09月13日

この日は、高崎のラーメン店に行ってみたのですが、お店に着くと店外に4,5人が並んで待っている状態でして、「並んでるのか~、じゃやめた。」と、並んでまで食べたくありませんので、「あそこで、久しぶりにつけ麺を食べよう」と思い、こちらにお邪魔しました。
最近は、月に1回のペースで来ていますね~(笑)。

ここに来ると、どうしてもふじ麺が多くなりますので、今回は、しっかりとつけ麺にしようと思い、食券機の前に立ちました。
食券機には、ちょっと目立つ色で、「8月限定新作」の文字が。
食券機近くに張られていたメニューを確認すると、「夏!イケ麺」とどっかで聞いたようなフレーズのメニューですが、カレー風味のづけ麺との説明が。
「8月も最終日だし、これにしよう」と、限定メニューをチョイス。それと男盛の食券も購入です。

この日の店内は、珍しく先客が一人だけと、かなり空いていて「いつも混んでいるが、今日はラッキー」などと思いながら、店員さんに食券を渡しテーブル席に着きました。

さて、この新作ですが、魂づけ麺ベースにカレー風味が加わったものとなっていまして、このつけ汁はカレーのピリッとしたスパイシーな感じと、辛いもの好きの私にも十分に楽しめるかなりの辛さがあり、なかなか美味しいですね~。
麺の方も、相変わらずのうどんのような極太縮れ麺が良いです。

男盛(500g)でしたが、難なく完食して、〆にスープ割をお願いしました。
スープ割にすると、辛口のカレースープのような感じになりまして、これもいけますね~。

ネーミングは、ちょっとどうかなと思いましたが、なかなか美味しかったですね~。

夏!イケ麺(男盛り):800+150円
 w_P1000741

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101526.html



2008年09月12日

8月なのにかなり肌寒い日で、しかも雨模様でして、こんな日は、蕎麦と丼のセットでガッツリと食べたい気分でしたのでやって来ました。

11時半過ぎにお店に着き、一人でしたが比較的空いていたので、カウンターでは無く座敷の方に座りました。

当初の予定通りに、セットを確認して、「天重だな~」ということで、天重セットを温かい蕎麦で注文です。

何度も書いていますが、ここのセットものは、フルサイズのお重とハーフサイズの蕎麦ですが、これがかなりボリュームがあります。

この日の蕎麦は、かけつゆがややぬるめで、もうちょっと熱い方がいいな~。

天重の方は、ぽってりと揚がった天ぷらに、やや濃いめの丼つゆですが、さほどくどい感じはせず、また、ご飯も、私好みの炊きあがりでなかなか良かったです。

うーん、満腹です(笑)。

天重セット:1,155円
 w_P1000737

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101468.html



2008年09月10日

前回は、コーンウイスキーに浮気をしましたが、やはりモルトです(笑)。

今回は、バルヴィニーのダブルウッドです。
今年の初めに飲んで以来ですので、約9ヶ月ぶりになりますかね~。

何度も書いていますが、この蒸留所はグレンフィディックの姉妹蒸留所になります。

ダブルウッドは、バーボン樽で熟成後、フィニッシュにスイート・オロロソ樽で半年~1年熟成したものです。

色は琥珀色で、香りはやや甘めのシェリー香です。
味は、最初はややドライですが、その後甘さを感じます。
余韻は、少々ビターさが残るかな~といった感じです。

今回は、前回に比べて、シェリー香を強く感じ、味の方も甘めでしたね~。

 w_P1000757w_P1000758w_P1000759

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101407.html



2008年09月07日

半年ぶりにお邪魔しました。
今回もまた、前日が会社の飲み会で、会社の駐車場に車を置きっぱなしで帰りましたので、車を取りに行ったついでです。

前回と同様に、11時半くらいにお店に入ると、先客がおらず1番乗りのようでした(笑)。

メニューは、前回は野菜醤油らぅめんだけでしたが、節もりつけ麺が新たに増えていました。
しかし、肌寒い雨の日でしたので、前回と同じくガッツリ野菜醤油らぅめんを大でお願いしました。

熱々で醤油が濃いめのスープですが、これが私好みで良いですね~。
麺も、太縮れのモッチリとした食感が良いです。

半年ぶりでしたが、美味しかったです。

ガッツリ野菜醤油らぅめん(大):790円
w_P1000735

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101428.html



2008年09月06日

このお店に来るのは、かなり久しぶりになりますね。
前回が、昨年の7月でしたので1年以上ぶりです。

今回は、太打をためしてみようと思いお邪魔しました。

いつものごとく一人でしたので、厨房前のカウンター席に案内されました。
一応は、出して頂いた、メニューを眺めましたが、やはり、当初の予定通りにもりを太打の大盛でお願いしました(笑)。

初めての太打ですが、さすがに噛み応えある蕎麦になり、これも良いですね~。
つゆも、いつも通りの私好みの辛口で、こちらも良いです。

ただやはり、もうちょっと量が欲しいと、いつも思ってしまいます(笑)。

もり(太打) (大盛):575+160円
 w_P1000732

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101277.html



2008年09月05日

「久しぶりに、桂舟さんへ行ってみよう」と思い、お邪魔しました。

お店に入ったのが、11時半くらいと、ちょっと早めでしたので、先客がおらず1番乗りでした。
この日は、ぱらぱらと雨の降る、8月にしてはかなり涼しい日でしたので、「温かい蕎麦にしよう」と言うことで、鴨南蛮を注文です。

お蕎麦と同時に、箸休めにと、奥さんが自家製のきゅうりと大葉の漬け物を出してくれました。

さて、鴨南蛮ですが、濃いめのかけつゆに鴨の甘みがほどよくて美味しいですよ~。
蕎麦も、さすがにカッチリとした腰は無くなりますが、それでもしっかりとしていますので、温かいお蕎麦もお勧めです。

いつもながらに思うのですが、ここのお店は落ち着きますね~。
この空間と、雰囲気は私の大のお気に入りです(笑)。

鴨南蛮:1,200円
 w_P1000729

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101397.html



2008年09月03日

今回は、非常に珍しいですがCorn Whisky です。

バーボンは、主原料のトウモロコシが50%以上80%未満に対して、コーンウイスキーは、80%以上のものです。

プラットヴァレーを調べると、「アメリカ、ミズーリ州産のストレートコーンウイスキーで、88%のコーンを使い、オーク樽でじっくり熟成されています。」となっていました。

色はゴールド、香りは、少しドライで、ややロウっぽさがある感じ。
味は、バーボンは甘めだという印象が強いですが、結構ドライですね。
余韻は、ドライさが残る感じかな。

ちょっと、ロウっぽさがありますが、ほんのたまには良いかな~。

 w_P1000907w_P1000908



アクセスカウンター(UU)

    記事検索