2009年04月

2009年04月11日

安いこともあり、今回は、かけを試しに来ました。(笑)

席に着き、壁のメニューを見ると、前回の時よりミニ丼などのメニューが増えていました。
ミニ丼も250~300円くらいとこちらも安ですね~。

最初から、「かけ」のつもりでしたので、かけうどんとあとかきあげを一つ注文です。

「かけ」ですが、出汁の風味は良いですが、やはり醤油濃いめのつゆでして、「うーん、やっぱりちょっと醤油辛いかな~」と言う感じですね。

麺も、前回のざるの時のような腰が感じられず、ここでは「ざる系の方が美味しいな~」と思います。

かけうどん:380円
 w_P1000243

かきあげ:150円
 w_P1000244

お店情報
住所 : 群馬県群馬県安中市板鼻86-1

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101693.html



2009年04月10日

あっさりの鶏しおラーメンを食べに行ったのですが、食券機を見ると売り切れになっていまして、「あれ~、土日は無いのかな?」と思いつつ、「仕方ない、じゃーまだ未食の辛味噌だな」ということで、辛味噌ラーメンをチョイスです。

店員さんに、食券とまたも前回の時に付いてきた、次回から有効のサービス券を添えて「味玉でお願いします」と渡しますと、「辛味噌の辛さは大、中、小とありますがどうします?」と聞かれました。
辛いもの好きの私は当然のごとく「大辛で」と一番辛いもので注文です(笑)。

辛味噌ラーメンは、海苔が丼の周りをぐるりと覆っていましてちょっと贅沢な感じですね。
辛味噌といってもたいして辛く無いのだろうと思っていたのですが、これがなかなか辛くて、「おー、なかなか辛いじゃないの」と、辛い物好きの私好みでした(笑)。

ただ、辛さは良いのですが、濃厚な味噌には塩辛さもありまして、塩辛さの方はもうちょっと抑えた方がより良いのではないかと思いますね。

辛味噌ラーメン(大辛)+味玉:750円+サービス券
 w_P1000241

お店情報
住所 : 群馬県高崎市上中居町331-1

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101605.html



2009年04月08日

ボーモアのカスクストレングスです。
しかも、今回は1Lタイプのものを購入しました(笑)。

普通サイズ(700mL)のものだと、4,600円だったのですが、これは、1Lで5,450円と、かなりお得感がありますね~。

テイスティング関係のコメントは以前の記事を見て貰うとして、最近は少々飲み過ぎで、40%の700mLのものだと4,5日で開けてしまっていたのですが、さすがに、今回の56%で1Lのものは、2週間以上は持ちそうです(笑)。

 w_P1000254w_P1000255w_P1000256

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101585.html



2009年04月05日

「近くで、安くてガッツリと蕎麦~」な気分でしたので、お邪魔しました。
前回が昨年末でしたので、3ヶ月ぶりになりますね。

昨年の11月に値上げされてから、ちょっとCPが落ちてしまいましたので、以前より伺う頻度がやや落ちています(笑)。

お店に入るなり、席に着く前に「大天もり」といつもの大天もりを注文です。

最近は、ちょっと盛具合が少なく感じていたのですが、この日は、盛具合が良くて、ガッツリと頂きました(笑)。

大天もり:750円
w_P1000236
 
w_P1000235
 
お店情報
住所 : 群馬県安中市郷原40-1

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101623.html



2009年04月04日

車を車検に出していて代車だったということもあり、近くで済まそう思いお邪魔しました。

席に着き、「さーて、何を食べようかな~」とメニューをしげしげと眺め、「食べたことが無いし、これにするか」とチョイスしたのはソースやきそば。
それと、これだけだとちょっと寂しいので、いつものマーボードーフ丼の小も注文です。

ソースやきそばは、ソースとはなっていますが、ソースが控えめで塩胡椒が利いていて、なかなか良い感じです。
ただ、ちょっとボリュームが無くて、少々物足りなさがありますね~。
「もっと量があれば良いのにな~」と食べながら思ってしまいました(笑)。

それと、マーボードーフ丼は豆板醤などを加えて、辛味を足したのは言うまでもありません(笑)。

ソースやきそば:640円
 w_P1000231

マーボードーフ丼(小):430円
 w_P1000233

お店情報
住所 : 群馬県安中市原市395

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101600.html



2009年04月03日

「特もりを食べよう」と思い伺いました~。
この日は、12時ちょっと過ぎにお邪魔したのですが、入ってみるとテーブル席が満席。
「おー、最近は混み合うのかな?」と思いつつ、カウンター席に着きました。

予定通りに特もりそばを注文です。

しかし、この日は、ほぼ満席でしたが、店主さん一人しかおらず、かなり忙しそうで、お蕎麦が出るのにゆうに30分以上とかなり時間が掛かりました。
まー、ちょうどWBCの準決勝の韓国戦がTVで放送されていて、これを見ながらでしたので、ゆっくりと待てましたけどね(笑)。

お蕎麦は、腰も風味もなかなか良かったのですが、期待していた特もりはそれほど量が無くて、「もうちょっと量が欲しいな~」と言う感じです。
つゆは、やや薄めながら出汁のしっかりとした辛めですので、かなりすっきりとした感じですね~。

なかなか美味しい蕎麦ですが、もうちょっと量が欲しいといつも思ってしまいます(笑)。

特もりそば:1,000円
 w_P1000220

お店情報
住所 : 群馬県富岡市黒川517

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101562.html



2009年04月01日

年末年始の休みに、ほぼ1日1冊ペースだった読書ですが、休み明けからは1ヶ月で1,2冊にペースダウン(笑)。
やはり、どうも読書欲にムラがあるな~。

そんな少ない中から、今回は、米澤穂信さんの2冊(といっても、上下巻の長編)を紹介。

米澤穂信著「秋期限定栗きんとん事件(上,下)」(創元推理文庫)
 w_P1000246

これは、解説などによると「小市民シリーズ」となっているが、私はそのタイトルから「限定スイーツシリーズ」と呼んでいるミステリー作品。

今回は、前作で互恵関係を解消した主人公たちが、高校の学内新聞と連続放火事件の記事をはさみ、推理により事件解決するといった感じになっている。
その結果、最後には、また互恵関係(ひょっとして恋愛関係かな)になっている。
って、かなりいい加減に書いたな~(笑)

まー、おもしろいので2冊(上下巻)だが一気に読めてしまう作品になっている。
これから読もうと思う人は、まずは、「春期限定いちごタルト事件」と「夏期限定トロピカルパフェ事件」(共に創元推理文庫)を読んでから、本作品を読んで欲しいと思う。



アクセスカウンター(UU)

    記事検索