2009年08月

2009年08月14日

お盆の連休中でしたので、連休中に読もうと思っていた書籍を購入するために高崎の書店まで出かけまして、その帰りに寄りました。
店内に入ろうとすると、入り口の引き戸に「食券をお求め下さい」という文字と、メニューの写真が貼られていまして、いつの間にやら、食券制に変更されていて、メニューもリニューアルされていました。

入ってすぐ左側に食券機がありましたので、食券機に張られていたメニューを眺めていますと、「なんだか、値段も変更したのかな?」と、微妙に値段が上がっているように思えます。
メニューは、ラーメンが、標準のらーめんと豚骨魚介、豚骨塩、豚骨醤油、九州豚骨の計5種、つけめんが豚つけと魚つけの2種です。
麺の方は、らーめんと豚骨醤油が太麺、魚介と塩が中細麺、九州豚骨が細麺となっていました。

しばし迷っていましたが、「太麺となっている豚骨醤油らーめんにするかな」と豚骨醤油らーめんの大盛とこぶたごはんの食券を購入してカウンター席に着きます。

程なくして出てきた豚骨醤油らーめんですが、トッピングはチャーシュー、ナルト、味玉半分に野菜(もやしとキャベツ)、海苔、肉味噌となっています。
「豚骨らーめんに肉味噌か~、ちょっと変わっているな」と、肉味噌が乗せられている豚骨ラーメンは初めてです。
まずは、スープを一口飲みますと、やや豚骨臭さはあるもののしっかりとした味で、大谷さんらしい豚骨スープですね。
それから、トッピングで乗せられていた肉味噌だけをなめてみますと、こちらは最初に甘さが口に広がり、その後ピリッとした辛味が来まして、甘辛な感じの肉味噌ですが、唐辛子の辛味がアクセントになっています。
しばらくしてから、この肉味噌をスープに溶いてみたのですが、豚骨スープの方が強めですので、あまり味噌の感じはありませんね。

まーでもさすがに大谷さん、なかなか美味しかったです。
次回は、細麺の九州豚骨らーめんにするかな~。でも、これって、以前のらーめん(細麺)かも(笑)。

豚骨醤油らーめん(大盛) : 850円
 w_P1000612

こぶたごはん : 100円
 w_P1000610

お店情報
住所 : 群馬県高崎市筑縄町67-1
定休日 : 無休

以前の記事 :
http://shimora.blog.jp/archives/1004101785.html



2009年08月13日

少し前に、ネットの記事で見かけて気になっていましたので行ってきました。

お店の場所は、前橋市石倉町の前橋長瀞線沿いで、下石倉町と小相木町北の信号の中間くらいです。

記事では、ちょうどお昼時だとかなり混雑すると書かれていましたので、11時過ぎの開店直後にお邪魔しました。
お店は、テーブル席とお座敷がありまして、結構広めですね。

4人掛けのテーブル席に着きまして、メニューをしげしげと眺めますと、もりが530円、定食類も780円~と安めです。
しばし、迷っていたのですが、かつ丼とそばの定食をそば大盛りでお願いしました。

蕎麦は、腰、風味ともやや弱めながらも、標準的な美味しさと言ったところです。
つゆは、そんなに濃くはありませんが、出汁の利いた甘さが控えめのスッキリタイプでして、蕎麦をどっぷりと浸けるとちょうど良い感じでした。

かつ丼の方は、こちらの丼つゆも甘さが控えめでして、やや濃いめの味付けでしたが、なかなか美味しかったです。

このセットは、普通サイズのかつ丼に半分の蕎麦ですが、蕎麦を大盛にしましたので、両方とも普通サイズでボリューム満点になりました(笑)。
このボリュームでこの価格だと、CPの良さがなかなかなものですので、お昼時に混み合うのも納得できますね。

お店外観 : 
w_P1000598
 
かつ丼とそばの定食(そば大盛) : 890+100円
 w_P1000605

お店情報
住所 : 群馬県前橋市石倉町32-20
定休日 : 日曜日と水曜日の夜



2009年08月12日

昨年と同様に、ポケモン映画の前売り券特典であるイベント配布のポケモンをもらいに前橋のトイザらスに行きましたので、そのついででお昼にお邪魔しました。

この日は、20名ほどの予約が入っていたらしく、奥の半分が仕切られていまして、このためなんだかお店が狭く感じてしまいました(笑)。
比較的早い時間だったことあり、我々が入店した時には先客が2名だけと、このときはまだ空いていたのですが、注文を終える頃になると、予約席以外が満席になっていて、さらにお待ちのお客さんがいるほどでした。

注文は、子供たちは二人して「鴨せいろ」で、私は、しばらくメニューを眺めていたのですが、メニューに無い普通の「かけ」があったら、「もり」と「かけ」にして、出来ないようであればセットにしようと決めて店員さんに声をかけました。
店員さんに、「普通のかけは出来ますか?」とまずは「かけ」の有無を確認してみますと、「はい、出来ます」との答えが帰ってきまして、「それでは、お値段は?」と聞いてみると「もりと同じです」ということでした。
「それでは、もりを一つとかけを一つ、あと、鴨せいろを二つお願いします。」と注文を済ませました。

程なくして、まずは「もり」と「鴨せいろ」が登場。
最初に蕎麦だけを啜りますと、この時期にしては風味がまずまずで、腰もしっかりしていてなかなか美味しいですね~。
つゆも、結構濃いめのやや辛めと、私好みでした。
昨年は、「もり」のつもりが「冷やかけ」でしたので、「もり」を食べるのは約10年ぶりくらいですが、「以前の時の印象より結構良いな~」と少々印象が変わりました。

「かけ」の方ですが、こちらのつゆは、濃いめなのですがやや甘さが強くて、少々くどめ。
「蕎麦の方は良い感じだけど、つゆはちょっとくどい感じかな~。このつゆだと衣厚めの天ぷらとかが合いそうだ。」と、種物が入った方が良いかもしれませんね。

しかし、盛具合が少ないので、「もり」と「かけ」を食べても、物足りなさがあります。
「美味しいけど、もう少し量が欲しいな~」と思います。

もり : 630円
 w_P1000591

かけ : 630円
 w_P1000593

鴨せいろ : 1,550円
 w_P1000587

お店情報
住所 : 群馬県前橋市大友町3-24-11
定休日 : 木,第3水曜日

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101523.html



2009年08月11日

子供たちをポケモンの映画に連れて行った帰りに、「お昼は何にする?」と聞くと、帰ってきたのは「山岡家のラーメン」という回答でしたのでお邪魔しました。

14時近い時間だったのですが、店内は8割以上のお客さんで、「今日は何?」と思うほどでした。
食券機の前で、子供たちに「何を食べる?」と聞くと、「ネギラーメン」といういつもの答え。
どうも子供たちは、ここのネギラーメンがお気に入りのようですね。
私は、いつもやってるお得セットのメニューがありましたので、いつものAセットと大盛の食券を購入です。
前回は、セットメニューの表示が無くなっていて、「無くなったのかな~?残念!」と思っていたのですが、まだやっていたのですね。

ちょうど空いたボックス席に着きまして、Aセットのラーメンは醤油で、お好みは全て、油少なめ麺硬めでお願いしました。

しかし、この日のラーメンは、醤油がきつめでかなり塩辛いスープでした。
「うーん、今日のこのスープは、いつにもまして塩辛いな~」と、食べた後にかなりのどが渇きました(笑)。

たまに、このようなチェーンでもブレが大きいときがありますので、そのブレが悪い方の大きいときに当たってしまったようですね(苦笑)。

Aセット(醤油,大盛) : 680+150円
w_P1000578
 
w_P1000582
 
ネギラーメン(醤油) : 690円
 w_P1000580

お店情報
住所 : 群馬県安中市板鼻80-1
定休日 : 無休

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101740.html



2009年08月10日

「平打ちの蕎麦でもいくかな~」と思いつつ、お邪魔しました。
この日は、12時半くらいの入店で、店内は満席。
私はなんとか、ちょうど食べ終わって会計を済ませた方の後のテーブル席に着くことが出来ましたので、タイミングがちょうど良かったようです。

「平打ちかな~」と思ってメニューを眺めていたのですが、「ご飯ものも良いな~」とチョイスしたのは、キス天重もりです。
これは、キス天重にもりそばがセットなった物で、私の隣の席の人が食べていてちょっと美味しそうでしたので注文してみました。

このキス天重もりの蕎麦は、細切りの方の蕎麦です。
氷水で締められていますので、細切りながら、キリッとした腰が良い感じですね。
風味の方は、夏場の蕎麦ですので弱めなのは仕方ないところでしょう。
つゆは、相変わらず甘めなのですが、今回は、以前より幾分甘さが控えめに感じまして、「いつもより少々甘さが弱くなったのかな?」と思いました(笑)。

キス天重は、小さめのキス天が3つとピーマンの天ぷらが1つ乗っていまして、ボリュームもまずまず。
丼つゆは、甘さが強めでくどめなのですが、こちらも以前より若干ではありますが、甘さが抑えられた感じがありました。

しかし、そばつゆも、丼つゆも、さらに甘さを控えた方が私は好きですけどね(笑)。

キス天重もり : 1,000円
 w_P1000575

お店情報
住所 : 群馬県富岡市黒川508-1

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101725.html



2009年08月09日


前回、ここにお邪魔したのは昨年11月の紅葉時期でしたの約8ヶ月ぶりですね。
本当は、この前の週に来てみたのですが、このときは駐車場が満車で入れずに、別のお蕎麦屋さんに行った経緯がありまして、「今週は、そんなことがないように早めに行こう」と思い、11時半過ぎとちょっと早めにお邪魔しました(笑)。

2人掛けの席に着きますと、まずはお茶と一口粥が出されます。
そのときに、「田舎そばの大盛」と注文も済ませて一口粥を頂きました。
この一口粥ですが、お粥に梅と蕎麦の実がのせられていて、サッパリとして良いですよ。

田舎そばの方は、やや太めに切られた二八なのですが、キッチリと冷水で締められていて、腰の方はバッチリ。
さすがにこの時期の蕎麦ですから、風味の方が弱いのですが、なかなか美味しいです。

後は、もうちょっと安ければ言うこと無しなのですが(笑)。

一口粥 : サービス
 w_P1000569

田舎そば(大盛) : 800+200円
 w_P1000572

お店情報
住所 : 群馬県高崎市上室田町2591
定休日 : 木、金曜日

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101601.html



2009年08月08日

「黒もりそばでもためしに行ってみようかな~」とお邪魔しました。

しかし、お店に着き食券機のメニューを見ると、前回あった黒もりそばと赤もりそばが無くなっていまして、その代わりに限定の沖ラーメン(だったかな)と白もりそばに変わっています。

「あれ~、あのメニューは限定だったのか~」とお目当ての黒もりそばが無くなっていましたので、「じゃ、この沖町限定の塩となっている白もりそばだな」と白もりそばをチョイス。
それと、男盛の食券も購入です。

白もりそばは、その名の通りに白色のスープで、もやしなどの野菜とメンマが入っており、トッピングに温玉が乗せられています。
しっかりとした塩味の、ややネットリ感のある魚介風味のスープでして、「なかなか良いかな~」という感じでして、しばらくしてから、温玉を壊して混ぜてみると、今度はマイルド感が出ますね~。
ただ、なんというかちょっとインパクトが弱い気がするのは気のせいか?(笑)。

あと、8/6より木曜日も営業しますとの案内が出ていましたので、沖町店も無休になったようです。

白もりそば(男盛) : 700+150円
 w_P1000558

お店情報
住所 : 群馬県高崎市沖町10
定休日 : 8/6より無休

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101801.html



2009年08月07日

「久しぶりにパスタにしよう」ということでお邪魔しました。

メニューを見るまでは、「汗をかきかきペスカトーレかな~」なんて思っていたのですが、冷製パスタが夏期の限定メニューでありましたので、「おー、冷製にしよう」とお願いしたのは、海老とモッツァレラの辛口冷製パスタのMサイズです。
このメニューは、7月限定で、8月にはまた別のメニューになっています。

さて、海老とモッツァレラの辛口冷製パスタですが、細めのパスタで、冷製の名前通りにきちんと冷やされていましてサッパリとして良いですね~。
トマトの酸味と赤唐辛子の辛味、それにニンニクの風味がほどよくて、しかも冷たさがありますので、いつものながらのMサイズなのですが、あっさりとお腹の中に収まってしまい、幾分物足りなさがありました(笑)。

海老とモッツァレラの辛口冷製パスタ(M) : 950円
 w_P1000556

お店情報
住所 : 群馬県高崎市沖町667
定休日 : 無休

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101750.html



2009年08月05日

久しぶりの読書ネタです(笑)。
以前にも書きましたが、5月の連休中は1日1冊ペースで読んでいたのですが、連休が終わってから読書欲の減退期がやって来まして、急激に読書量が減ってしまいました。
5月中はそれでも、1,2週間に1冊ほど読んでいましたが、6月以降全く読まない日が続いています(苦笑)。

まーでも、そろそろ8月のお盆休みが近いし、また積んである未読の山を崩そうかと思っていますけどね(笑)。

そんな、5月以降の少ない中から、今回は、高田崇史さんのものを紹介。

高田崇史著「QED 神器封殺」 (講談社文庫)
w_P1000480
 
これは、以前紹介した「QED 熊野の残照」からの続きの物語で、今回の舞台は、和歌山市です。
いつものように、あまり詳しくは(って、ほとんど何も)書きません(笑)。

いつもながらに、なかなかおもしろいのですが、最後の事件の謎解き部分と、神社の位置関係は、「へー、これはすごいな~」と思う反面、「なんかこじつけっぽい」と思ってしまう部分もありましたね~。

まーしかし、結構はまって読んでしまいますので、一度読んでみることをお勧めします。



2009年08月02日

久しぶりにこのお店のカレーうどんが食べたくなりましたのでお邪魔しました。

12時半くらいとちょうどお昼時だったのですが、先客ゼロととっても空いていました。
空いていましたので、小上がりに席を取り、メニューを確認すると、前回より20~30円ほど値上がりしています。
「ここも値上げしたのか~。まーでも、セットものは据え置きで、単品が20円ほどだから、なかなか頑張っているな」と少々残念ではありましたが仕方ないですね。

今回の注文は、ミニカレーそばとミニかつ丼セットです。
前回カレーうどんだったのですが、うどんの腰が全くなかったので、今回はそばにしてみました。

カレーそばは、以前よりとろみが強めに感じましたが、やはりここのカレーつゆはなんだか後を引く美味しさがありますね~。
ミニかつ丼は、相変わらずの薄味でして、これはもう少し濃いめの方が美味しと思うのですけどね(笑)。

ボリュームがありますので、なかなかお腹いっぱいになりました(笑)。

ミニカレーそばミニかつ丼セット : 980円
 w_P1000553

お店情報
住所 : 群馬県安中市松井田町新堀1462
定休日 : 月曜日

以前の記事:
http://shimora.blog.jp/archives/1004101503.html



アクセスカウンター(UU)

    記事検索