2010年02月

2010年02月11日

富岡のベイシアで買い物をした帰りにお邪魔です。

車を停めて、お店に入ろうとすると、引き戸のところに「小さな天丼 お蕎麦にプラスして」という手書きのメニューが置かれていまして、「下仁田ねぎ天丼 250円」「わかさぎ天丼 250円」「かきあげ天丼 200円」の3つのミニ天丼が書かれていました。

少々寒かったこともあり、「じゃー、今日は温かい蕎麦と、このミニ天丼だな~」と思いながら入店。
席について、ざっとメニューを眺めて、「かけを平打ちの大盛で。それと、わかさぎ天丼をお願いします。」と注文です。

久しぶりのかけそばですが、以前のかけの時と同様に、ちょっとというより、結構ぬるめのつゆでして、「うーん、またぬるいな~。もっと熱いつゆの方が好きなんだけど」と、ここではかけつゆをあまり熱くしないようですね。

わかさぎのミニ天丼は、小さめの器にお茶碗半分ほどのごはんと、わかさぎの天ぷらが5つ乗っていまして、サックリと揚がったわかさぎはなかなか美味しい。
丼つゆは、以前食べた天重はくど目の丼つゆでしたが、これは結構スッキリとしていましたので私好みでした。

今回は、久しぶりのかけでしたが、やはり次回は、もりとミニ天丼だな~。


かけ(大盛) : 550+150円
 w_P1000070


わかさぎ天丼 : 250円
 w_P1000073



お店情報 :
住所 : 群馬県富岡市黒川508-1


以前の記事 :
http://shimora.blog.jp/archives/1004101961.html



2010年02月09日

年末年始の連休中には、3冊しか読まなかったのですが、この連休が終わって1月の中旬以降は、週に2~3冊の読書ペースに戻りまして、10冊以上積んであった未読の山が、残すところあと1冊にまで減りました。

かなり、読書ペースにムラがありますので、このペースが続かないとは思いますけどね(笑)。

今回は、1月の中旬以降に読んだ2冊を紹介。


東直己 著「墜落」(ハルキ文庫)
 w_P1000066


これは、私立探偵・畝原シリーズの第五弾となります。
東さんの本は、以前1度だけ、SFチックなものを紹介しましたが、今回のものは、東さんの代表的なハードボイルド作品です。
このシリーズの設定は、個人的にちょっとこれはどうかなと思うことがあるのですが、ついつい引き込まれて一気に読んでしまうような魅力もありますね~。


さてお次は、このBlogの読書ネタでは何度も登場している、樋口さんの作品

樋口有介 著「11月そして12月」(中公文庫)
 w_P1000067


今回の作品は、ミステリーでは無くて、青春小説となりますね。
どうも、樋口さんの書く主人公は、ちょっと何というか変に冷めた感じの人格のものが多いような気がするのは、ただの私の気のせいかな~(笑)。


まー毎度のように、本の中身については全く書きませんので、興味があればご自身でお読み下さい。

さーて、読んだ内容を忘れないうちに、また読書ネタを書こうっと。



2010年02月07日

高崎の書店に行く途中と、いつものパターンでお邪魔です(笑)。

今回は、豚骨塩をチョイスして、「このトッピングにある赤豚って何やろな~?」と、非常に気になったので珍しくトッピングで赤豚も追加。

豚骨塩らーめんは、リニューアル前に限定メニューとして出されていた塩とんと同じものでして、スッキリとした塩味はまずまず。
それと、気になって追加した赤豚は、以前食べた豚骨醤油らーめんに乗せられていたピリ辛の肉味噌でした。
ある程度まで、豚骨塩として食べてから、この赤豚を全てスープに溶かしてみると、これが一気に豚骨味噌らーめんに早変わり。
以前の豚骨醤油らーめんで乗せられていたときには、少量でしたのであまり変化が分からなかったのですが、「おー、ピリ辛の味噌ラーメンみたいだ」と、最初から混ぜないで、途中で混ぜるとかなり変化があって、なかなかおもしろいですね~。

いやー、これも良かった。
でも、きっと今回だけだな(笑)


豚骨塩らーめん(大盛) : 850円
 w_P1000063


赤豚 : 100円
 w_P1000065



お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市筑縄町67-1
定休日 : 無し


以前の記事 :
http://shimora.blog.jp/archives/1004101996.html



2010年02月06日

さすがに、前橋だとなかなか行く気になれなかったのですが、約2年ぶりにお邪魔してみました。

この日は、ちょっと寒い日でしたので、温かい蕎麦にしようと思い「たぬき」をオーダー。
このお店は2回目で、温かい蕎麦は初めて。

あまり待つことなく出されたたぬきは蕎麦は、やや小さめの丼に入っていましたが、見慣れた(当たり前か)ものですね。
まずは、つゆを一口。
結構甘めのつゆでして、ちょっとくどい感じがありますので、かけだとどうかなと思うところですが、種物が入るとちょうど良い感じです。
蕎麦は、さすがに腰が無くなりますが、まーこれは仕方ないですね。

しかし、ここは以前からお値段据え置きでしたので、なかなか頑張っていらっしゃいますね~。
今後も、このままで頑張って欲しいところです。


たぬき : 600円
 w_P1000059



お店情報
住所 : 群馬県前橋市天川原町2-3-5
定休日 : 日曜日


以前の記事 :
http://shimora.blog.jp/archives/1004101445.html



2010年02月05日

この時期の恒例ですが、予約していたATOKの最新版が本日届きました。

w_P1000096w_P1000097

早速インストールを実行して、この記事は、ATOK 2010で書いています。

どの程度、変換効率が良くなったのかは、この時点での文章量では分かりませんが、今のところあまり違いが無いような~(笑)

まー、これからですね。



2010年02月03日

安さにつられて、バーボンです(笑)。

ホームセンターに買い物に行った際に、「お酒コーナーでも覗いてやるか」と思い、お酒コーナーをじろじろと見ていたのですが、1,000mlで1,380円のこのバーボンが目に留まりまして、「安いし飲んだことが無いので、これを買ってみよう」と購入しました。

このJIM BEAMですが、飲んだことが無かったので、帰ってから早速ネットで調べてみました。

「ケンタッキー州、クラーモントで蒸留製造されているバーボン・ウイスキーの銘柄」ということで、いくつかの種類があり、
・白ラベル(熟成 4年、80プルーフ)
・緑ラベル(熟成 5年、80プルーフ、「ジム・ビームズ・チョイス」)
・黒ラベル(熟成 8年、86プルーフ)
・黄ラベル(ライ麦ウイスキー、熟成 4年、80プルーフ)
となっていました。

色は琥珀色、香りはドライでロウっぽいバーボンの匂い(うーん、貧弱な表現)
味は、ドライでスパイシーなピリッとした感じですね。
余韻は、ドライさのあとにやや甘さが残るかな。

このバーボンは飲みやすいな。


 w_P1010208w_P1010209

 



アクセスカウンター(UU)

    記事検索