2010年11月

2010年11月28日

富岡の松竹飯店さん。
4ヶ月振りになりますね。

この日は日曜日でしたので、いつものランチはお休み。
「さーて、何にしようか」とメニューをしげしげ眺めると、「マーボー丼 420円」の文字を発見。
「おっと、餃子より安い」と、これの大盛に決定です(笑)。
あと当然、ここでは外せない餃子も追加。

程なくして出てきたマーボー丼は、掛かっているマーボーがちょっと少なめ。
まー、420円の価格を考えれば妥当なところですかね。
量が少なめなのを除けば、ややピリ辛なマーボーはまずまずですね。

なかなかお安いですが、やはりここでは平日のランチの方がいいかな。

マーボー丼(大盛) : 420+100円
 w_P1000833

餃子 : 450円
 w_P1000832

お店情報 :
住所 : 群馬県富岡市田島232-7
定休日 : 火曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102131.html

 



2010年11月27日

久しぶりに、ガッツリともりそばを食べたくなりましたので、沖の大黒屋本舗さんにお邪魔です。

食券機の前に立つと、「沖あつもりそば」なるメニューが目に入りましたので、迷わずこれの食券を購入。
それと、「つけ麺だとやはりガッツリ男盛だな」ということで、男盛の食券も。

沖あつもりそばですが、その名の通り、麺は冷水で締めていないあつもり。
つけ汁は、通常のもりそばの汁に、ワンタン4コと薄切りにされた豚肉が足されています。

つけ汁は、いつもと変わらずなかなか美味しいのですが、目玉にしているワンタンが今ひとつ。
中の挽肉の臭みが強くて、「あら?、これはな~。今回はハズレだったのか?」と思ってしまいました。
それと、男盛にしたためなのか、それともつけ汁の量が少なかったのか、最後の方は薄くなりすぎて味が・・・。

うーん、まっ、こんなもんか~(苦笑)。

沖あつもりそば(男盛) : 850+150円
 w_P1000825

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市沖町10
定休日 : 不定休

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102153.html

 



2010年11月26日

旧榛名町中里見の園さん。

今回もセットもの。
前回食べたミニ焼き鳥丼が良かったので、また同じ、ミニ焼き鳥丼とそばセットを温かい蕎麦で注文です。

お蕎麦はごく普通ですが、やはりこの焼き鳥丼はいいな~。
甘さ控えめのタレが私好みですね。

ミニ焼き鳥丼とそばセット : 900円
 w_P1000822

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市中里見町209-1
定休日 : 月曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102151.html

 



2010年11月23日

今回の読書ネタは、このBlogではお馴染みになりつつある坂本さんの作品

坂本司著「ホテルジューシー」(角川文庫)
 w_P1000823

これは、以前紹介した「シンデレラ・ティース」(出版社が違いますが)の姉妹作となっていまして、夏休みのアルバイトでの出来事を書いた日常ミステリーです。
ただ、この作品は、姉妹作の「シンデレラ・ティース」に比べて謎解きの色が薄い感じですね。

と、いつものようにこの辺で。
後は、ご自身でお読み下さい。

 



2010年11月22日

先週の金曜日に、予約していたラベルマイティの最新版が届きました。

この時期恒例の、バーションアップとなりますね。

 w_P1000837

おまけのマウスパッド
 w_P1000838

とりあえず、インストールして、起動の確認だけはしましたが、まだ使っていません。
起動後の画面やメニューなどは、前バージョンとはあまり変わっていないようです。

4,000円程度ですので、毎年、バージョンアップしていますが、最近では、1つおきのバーションアップでもいいかなと思っています(笑)。

 



2010年11月21日

歯ごたえのある蕎麦をガッツリと食べたくなりましたので、剣崎のいち川さんにお邪魔です。

今回は、いつもの定番、かき揚げもりではなく、普通のもりそば大盛り。
って、単純に財布の中身が寂しかっただけなんですけどね(笑)。

いやいや、相変わらずのガッシリした腰のお蕎麦ですね~。
つゆも、かなり濃いめ辛口で、これが良いですよ。

まー、ここのお蕎麦は、人によりかなり好き嫌いがはっきりと分かれますけどね。

もりそば(大盛) : 700+200円
 w_P1000816

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市剣崎町1185-5
定休日 : 月曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102141.html

 



2010年11月20日

二郎系ラーメンの豚さんちさん。

今回も、前回と同様に、豚さんちラーメン豚ダブルで麺大盛の野菜マシをオーダーして、クーポンでチャーシュー1枚をお願いしました。

この日のスープは、前回よりもやや甘さが強め。
ただ、しっかりとした塩気もありますので、甘ったるい感じはしませんでしたね。
それと、硬ゴワな麺は、噛み応え十分で良いですよ。

いやいや、大盛に野菜マシで満腹でした(笑)。

豚さんちラーメン豚ダブル(大盛,野菜まし)+チャーシュー : 750+150円+クーポン
 w_P1000814

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市飯塚町1381-2

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102168.html

 



2010年11月19日

高崎は、片岡町の慈雲さん。
約1年ぶりの邪魔です。

ちょうど12時くらいだったのですが、先客がいらっしゃらず、ものすごく空いていました。

カウンター席に案内されて、メニューを眺めつつ、「久しぶりだし、太打にしよう」と、もりを太打の大盛でオーダー。

約2年ぶりの太打の蕎麦ですが、少し細めのうどんくらいに切られていまして、かなり噛み応えのある蕎麦になります。
ただ、新蕎麦のわりにはやや風味が弱めでして、「細打にした方が良かったかな?」と。

あとつゆですが、出汁のしっかりした濃いめ辛口なのですが、今回は若干ですが甘さが強めになっていましたね。

しかし、この日は何でこんなに空いていたのかな~?

もり(大盛) : 575+160円
 w_P1000810

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市片岡町2-17-14
定休日 : 月曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004101952.html

 



2010年11月17日

今回は、私としては珍しくミステリー以外です。

書店でたまたま目に付いたこの本ですが、そのタイトルと、裏に書かれていた解説の「夕暮れになるとあらわれる不思議なコンビニ」の文字にひかれまして、出ていたシリーズを3冊とも購入しました。

村山早紀著「コンビニたそがれ堂」「コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状」(ポプラ文庫)
 w_P1000797

「コンビニたそがれ堂 星に願いを」
 w_P1000812

村山さんの作品はこれが初めてとなります。
私は知りませんでしたが、この元本は児童書で、今回の文庫版で大人向けに加筆された作品のようです。

舞台は、風早という街の、駅前商店街のはずれの、赤い鳥居が並んでいる当たりに、夕暮れ時になると現れる、しかも、大事な捜し物がある人だけがたどり着けるというコンビニです。

このお話は、かなり切なくて、でも暖かさのあるものとなっていまして、読んでいて思わずほろっとさせられてしまうものが多いですよ。
たまにはこんな本もいいですね~。

いつものように、あまり詳しくは書きませんが、興味があれば一度読んでみて下さい。




2010年11月14日

新蕎麦のシーズンですね~。
ということで、美味しい新蕎麦を食べに、高崎の桂舟さんにお邪魔です。

新蕎麦を打ち始めましたの張り紙を確認しながら、注文したのは当然せいろの大盛(笑)。

さすがに新蕎麦らしい、やや緑がかったお蕎麦は、風味も腰も良くて美味しいですね~。

いやー、満足。

せいろ(大盛) : 650+200円
 w_P1000805

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市上中居町154-3
定休日 : 火曜日,第3月曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102175.html




アクセスカウンター(UU)

    記事検索