2010年12月

2010年12月18日

他の記事がたまっているのですが、ホットなものを先に(笑)。

本日開店の喜暖さん。
お店の場所は、安中市板鼻の国道18号沿い、西濃運輸さん向かい側です。
ここは、移転する前の「賀門」といううどん屋さんがあった場所ですね。

オープンの11時ちょっと過ぎにお邪魔すると、すでに駐車場はかろうじて1台分が空いているだけと、結構な盛況ぶり。
オープン初日ということもあってか、メニューはラーメン類がつけ麺だけの提供でしたので、メニューの一番上に書かれていた和風つけ麺を大盛でチョイス。
それと、ご飯ものからチャーシュー丼も。

和風つけ麺ですが、魚粉たっぷりの濃厚な感じのつけ汁でなかなか美味しいですが、「どっかで食べたような味だな~。そうだ、大谷さんの魚つけだ。」と、以前食べた大谷さんの魚つけによく似てましたね。
麺は、太縮れタイプで、これもなかなか美味しい。

それと、チャーシュー丼は、角切りのチャーシューとみじん切りのタマネギが、やや甘めのたれで味付けされていまして、まーこれはいたって普通。

ただ、大盛りでも量的に少々物足りない感じで、もっとボリュームが欲しいところです。

お店外観
 w_P1000916

和風つけ麺(大盛) : 680+120円
 w_P1000923

 w_P1000925

チャーシュー丼 : 200円
 w_P1000920

お店情報 :
住所 : 馬県群馬県安中市板鼻86-1
定休日 : ?




2010年12月17日

高崎の書店に行った帰りに、いつものパターンで大谷さんへ。

今回は、太麺のらーめんを大盛でチョイス。
それと、いつものこぶたごはんも。

テロリとした豚骨スープは、いつもの美味しさ。
それと、今回は久しぶりに途中で辛子高菜を投入。
以前は、辛子高菜を入れると味が分散するような気がしたのですが、この日は、ちょっとしまった感じになりまして、まずまずでしたね。

らーめん(大盛) : 830円
 w_P1000880

こぶたごはん : 100円
 w_P1000882

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市筑縄町67-1
定休日 : 無し

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102185.html

 



2010年12月14日

今回の読書ネタは、最近紹介が多くなってきている乃南さんの作品。
私の本の読み方は、読んで面白いなと思った作家さんの作品を掘り下げて読んでいきますので、Blogで登場する作品は同じ人が多くなりますね(笑)。

乃南アサ著「凍える牙」「花散る頃の殺人」(共に、新潮文庫)
 w_P1000885w_P1000899

 

「凍える牙」は、直木賞受賞作品ですので、「今頃読んだのか」と思われるかもしれませんね。
まー、私が乃南さんの作品を読み始めてからまだ1年弱ほどですのでご勘弁を。

この2作品は、「女刑事 音道貴子」シリーズと言われるもので、そのシリーズ名の通り、音道貴子という女刑事が主人公となっています。
「凍える牙」は、凶器(と言うのかな)はウルフドックで、この狼犬を追っていくストーリー。
「花散る頃の殺人」は、短編6作品となっています。

全くの男社会である警察、しかも刑事という職場内での、女性刑事の人間ドラマのような作品ですかね。

とまー、いつものようにこの程度にして、この「女刑事 音道貴子」シリーズの文庫が、現在、4作品6冊出ていますので、そのうちまたこのシリーズを紹介するかと思います(笑)。




2010年12月12日

安中警察署向かい、毎度お馴染みすかやさん。

月末が近く、お財布が風邪を引きそうなくらい寒い状態でしたので、ボリュームがあって、しかもお安いこちらへ(笑)。

今回は、ここでは定番になりつつある、鴨南と一口カレー。

結構濃いめのつゆは、鴨の脂と甘さが足されますのでなかなか良いんですよ。
まー、お蕎麦自体は、かなりの柔腰になっていましたけどね。

本鴨南そば : 680円
 w_P1000874

一口カレー : 100円
 w_P1000877

お店情報 :
住所 : 群馬県安中市原市4-683-1
定休日 : 不定休

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102154.html

 



2010年12月11日

比較的お近く、ラーショ安中店さん。

「ここでは、やはり餃子セットでしょう」ということで、いつもの餃子セットを正油の中で。

この日のラーメンは、スープがやや少なめ麺柔らかめで、はずれの日。
ただ、餃子の焼き方はまずまず。

うーん、どうも最近は、何かがはずれだな~。

餃子セット(正油,中) : 800+100円
 w_P1000870

 w_P1000872

お店情報 :
住所 : 群馬県安中市中宿91
定休日 : 月曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102159.html




2010年12月10日

新蕎麦の時季ですからね~。
ということで、藤岡の岡部さんへ。

今回は、田舎蕎麦をチョイス。

田舎蕎麦は蕎麦殻も挽き込んだ挽きぐるみのお蕎麦ですので、黒っぽい色のお蕎麦になります。
田舎だと蕎麦の香りが通常より強く感じますが、新蕎麦らしさという点ではいつものもりの方が良かったかな~。

つゆは、前回と同様に、甘さと椎茸の風味がかすかに感じる程度の辛口でして、これが良い。
昨年の秋に来たときには、椎茸の出汁が結構強めになっていたことがあったのですが、これが無くて私好みですね。

いやー、さすがに美味しい。

田舎蕎麦(大盛) : 650+200円
 w_P1000867

お店情報 :
住所 : 群馬県藤岡市藤岡939-5
定休日 : 水,木曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102158.html

 



2010年12月07日

10月以降、なかなか良い読書ペースでして、週に平均1,2冊で、月に5,6冊と言ったところです。
ただ、文庫の購入量は、それを大幅に上回っていまして、現在の未読は18冊にまでふくれてしまいました(笑)。
まー、気になる本は目についたときに購入しておかないと、後で探せなくなってしまいますからね。

さて、こんなペースですので、未紹介のものは現在3冊ほどありますが、今回は、東さんのハードボイルド。

東直己著「抹殺」(光文社文庫)
 w_P1000884

このBlogでは、結構お馴染みの、東さんの短編連作ものです。

主人公は、難病に冒された車椅子の画家。
緩徐進行性の神経性難病で、ゆっくりと全身が麻痺して行き、十年後には寝たきりになる運命。
ただ、この主人公は、画家という表の顔の他に、プロの殺し屋という裏の顔を持っている。

と、まー、ほとんどあり得ない設定ですが、なかなか楽しく読めましたね。

いつものように、内容はほとんど書きませんので、興味があればご自身でどうぞ。




2010年12月05日

「登利平さんで定食にするかな」という気分でしたのでお邪魔しました。

今回は、鳥合わせ定食をチョイスして、前回同様にライス大盛り(笑)。
それと、前回の時に貰っていた、飲み物のサービス券で食後にホットコーヒー。

鳥合わせ定食は、チキンカツと唐揚げが両方乗っていまして、ちょっとお得感があります。

サクッとしたチキンカツと、カラッと揚がった唐揚げは、どちらも柔らかくて良いですよ~。

いやー、これも良かった。

鳥合わせ定食(大盛) : 980+50円
 w_P1000855

ホットコーヒー : サービス券
 w_P1000862

お店情報 :
住所 : 群馬県富岡市別保20-2
定休日 : 無休

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102177.html

 



2010年12月04日

14時過ぎとかなり遅くなってしまったので、お近くでお手軽ラーメン。

こんな遅い時間だから空いているだろうと思っていたのですが、お店に入ると、カウンター席が4席のみ空いているだけとかなりの混雑ぶり。
「おっと、何でこんな時間でこんなに混んでるの?」という感じでして、相変わらず大人気ですね。

14時を過ぎていたので、14時から17時までの時間限定メニューの昭和55年を大でチョイス。

あっさり醤油スープの懐かしい感じのラーメンは、ほっとするお味ですね。

しかも、このラーメンのお値段が大でも460円と安いですし、大満足な1杯ですよ。

昭和55年(大) : 460円
 w_P1000846

お店情報 :
住所 : 群馬県安中市原市1373-4
定休日 : 水曜日と第3木曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102189.html

 



2010年12月03日

新蕎麦の時期ですので、美味しい新蕎麦を目当てに吉井のくりもとさんにお邪魔です。

この日は13時を過ぎていたのですが、店内は満席でして、しかも1組がお待ち。
普段だとあまり待つことをせず、こんな状態だと他に行くのですが、そんなに掛からないだろうと踏んで、私も待合場所で待つことに。
その読み通りに、5分ほどで2組が会計をして帰って行きましたので、あまり待たずに済みましたね。

新蕎麦目当てですので、やはり定番のせいろ大盛ですよ(笑)。

蕎麦は、新蕎麦の風味が良くて、しかも細切りながら、しっかりと冷水で〆られた腰はバッチリ。
つゆも、私好みの辛口ですし。

いやいや、やはりこのお店ではせいろが良いですね~。

せいろ(大盛) : 735+210円
 w_P1000841

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市吉井町長根2092-1
定休日 : 木曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102042.html

 



アクセスカウンター(UU)

    記事検索