2011年03月

2011年03月04日

比較的お近く、原市のいちよしさん。

やや暖かい日でしたので、もりを大盛でチョイス。

たまにつゆが弱かったり、蕎麦が・・・という時があるのですが、この日の蕎麦は、風味も腰もばっちりで、つゆも比較的しっかりとしていまして良かったですね。
いつもこれだと良いのですけど。

もりそば(大盛) : 600+150円
 w_P1000132

お店情報 :
住所 : 群馬県安中市原市一里山356
定休日 : 月曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102240.html

 



2011年03月02日

新年が明けて2ヶ月。
最近は、2週間で1冊前後しか読んでなくて、そろそろ、読書ペースも減退期に突入といった感じです。

今回は、少ない読了の中から、村山さんの1冊を紹介。

村山早紀 著「カフェ かもめ亭」(ポプラ文庫)
 w_P1000115

村山さんの作品は以前に一度「コンビニたそがれ堂」を紹介したことがありますので、これで二度目になります。

この作品は、以前紹介した「コンビニたそがれ堂」と同じ風早という港町が舞台で、この町のカフェ カモメ亭のお客さんがマスターに語るちょっと切ないお話の短編連作集です。
「コンビニたそがれ堂」とは姉妹編となっていますが、書き下ろしの中編に不思議なコンビニとしてちょっと登場するだけですので、「コンビニたそがれ堂」を読んでいなくてもお話的には問題ありませんね。

と、いつものようにこの辺で。

ちょっと切なくて、でもほんわかした感じを味わいたい方は読んでみてください。




アクセスカウンター(UU)

    記事検索