2011年06月

2011年06月11日

「がっつりとふじ麺~」な気分でしたので、下小鳥の獅子王さんへ。

食券機にお金を入れて、ふじ麺のボタンをポチッと押して、「中盛で、チャーシュー3枚で」と店主さんに。

今回のふじ麺は、油がかなり多くて、スープの表面に5mmほどの油の膜が。

あまり油が多いのは得意ではないので、今回は、なるべくスープを飲まずに食べましたよ。
さすがにこんなに油が多いと、ちょっとしつこい感じがしましたね。

獅子ふじ麺(中盛) : 700円
 w_P1000333

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市下小鳥町67-5
定休日 : 不定休

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102299.html

 



2011年06月10日

比較的お近く、中野谷のそば彦さん。

また同じで申し訳ないですが、やはり、毎度お馴染みのイカあられそばを大盛で。

別段何かが美味しいという訳ではないのですが、どうしてもこれにしてしまいますね(笑)。

イカあられそば(大盛) : 600+100円
 w_P1000328

お店情報 :
住所 : 群馬県安中市中野谷1870-3
定休日 : 木曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102292.html

 



2011年06月05日

安中の国道18号沿い、つい最近開店されましたもみじさん。

この場所は、以前「Bossco」というお店があった場所で、Bosscoさんが閉店した後に、何とか(失礼)という洋食屋さんが営業していたのですが、この洋食屋さんも1年ほどで閉店してしまいまして、その後ほどくなくしてこのお店になりました。

お初ですので、まずは基本のもりですね。
メニューには「ざる」としか書かれていなかったので、海苔の有無を確認して海苔抜きにしてもらい、それとせいろ1段を追加(普通のざるが2段)。

さて蕎麦ですが、まっ、期待が大きかったのもあるのですが、個人的には・・・。
つゆは、出汁の利いたすっきりタイプなんですが、薄めで蕎麦チョコに入ったものだけしかないので、継ぎ足しできるようにした方が良いかと。

うーん、値段の割には・・・。

お店外観 :
 w_P1000318

ざるそば+せいろ1段増し : 680+250円
 w_P1000322

お店情報 :
住所 : 群馬県安中市安中3-22-20
定休日 : 火曜日

 



2011年06月04日

半年ぶりとなります、飯塚町の豚さんちさん。

がっつりチャーシューの気分でしたので、今回のチョイスは豚さんちラーメンがっつり肉盛。
いつもだと、「麺大盛り」といくところですが、野菜を「増し増し」にしましたので麺はおとなしく普通にしておきました。

肉盛+野菜増し増しだと、結構なビジュアルですね。

野菜の取り皿を出してくれましたので、まずは、チャーシュー2枚とこんもりとなっている野菜の半分ほどを退避。
で、丼に残った野菜をやっつけまして、麺が見え始めた頃に、退避させた野菜とチャーシューを戻して、また野菜をもくもくと。
いやー、これがなかなか減らない減らない(笑)。

普通盛でもきつかったので、麺を大盛にしなくて良かったですよ(笑)。

豚さんちラーメンがっつり肉盛(野菜増し増し)+味玉 : 850+100円
 w_P1000317

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市飯塚町1381-2

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102203.html




2011年06月03日

私のお気に入りのお蕎麦屋さんの一つ、上中居の桂舟さん。

今回は、久しぶりとなる鴨汁せいろをいつもの大盛で。

濃いめのつゆに、鴨の甘さが美味しい。
蕎麦も、いつもながらに風味としっかりとした腰がばっちり。

うーん、満足~。

鴨汁せいろ(大盛) : 1,200+200円
 w_P1000312

 w_P1000309

お店情報 :
住所 : 群馬県高崎市上中居町154-3
定休日 : 火曜日,第3月曜日

前回の記事 :
http://blog.livedoor.jp/shimorah/archives/1004102266.html

 



2011年06月01日

今回は、I.W.HARPERの12年を家内のお姉さんに頂きました。

普段よりあまりバーボンになじみがない私ですので、このバーボンも初めて飲みます。
ということで、ネットでちょっと検索を。

「I.W.ハーパーはケンタッキー州ルイヴィルのバーンハイム蒸留所で生産されていて、この銘柄は、1897年ドイツから移民してきたアイザック・ウルフ・バーンハイムが、弟の協力を得て、ケンタッキーで蒸留を開始したのが始まり。I.Wは、アイザック・ウルフの頭文字。ハーパーはアメリカらしい名前にするために、当時有名なダービー馬を所有し、彼自身も有名であったブリーダーの名前からつけられた。」
となっていました。

しかも、トウモロコシの含有率が83%と結構高め。

色は琥珀色で、香りはやや甘めですが、ややロウっぽさも。
味は、甘さもありますが、比較的ドライで、スムーズな口当たりですね。
あと、トウモロコシ含有率が高いためか、少しですがプラットバレーに似た感じもします。
余韻は、ちょっとロウっぽさが残るかな。

 w_P1000330w_P1000331w_P1000332


 

 



アクセスカウンター(UU)

    記事検索